Share...
15 Mar 2014 23:24

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第37講 96条改正は正当かつ必要 池田実先生+(3/3ページ)(2014.3.15 09:07

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第37講 96条改正は正当かつ必要 池田実先生

2014.3.15 09:07 (3/3ページ)
憲法は、国会と国民に改正の権限を授けています。その96条について考えてみましょう

憲法は、国会と国民に改正の権限を授けています。その96条について考えてみましょう

 改憲のハードルが適正かどうかは、3分の2や過半数などの数字の単純比較ではなく、実際の改正頻度で判断する必要があります。66年間無改正の事実こそ、96条のハードルが日本にとって高すぎる証拠です。議論すべきは、ハードルを下げるべきかどうかではなく、どの程度下げるのがこの国にとって最適な匙(さじ)加減であるかです。

【プロフィル】池田実 いけだ・みのる 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。山梨大学講師・助教授、日本大学助教授・准教授を経て、現在、日本大学法学部教授。専攻は憲法学、憲法政治学。『憲法』『スペイン憲法概要』「新憲法への構想」など著書・論文多数。52歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital