Share...
25 May 2014 16:51

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】「積極的平和主義」を考える 第46講 長尾一紘先生+(1/3ページ)(2014.5.17 11:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
「積極的平和主義」を考える 第46講 長尾一紘先生

2014.5.17 11:00 (1/3ページ)
「積極的平和主義」について考えてみましょう

「積極的平和主義」について考えてみましょう

 先日オバマ米大統領の訪日のさいに、日米共同声明が発表されました。その冒頭において「積極的平和主義」の政策が強調されています。「積極的平和主義」とは何か。今日はこの問題を考えてみることにします。

「奴隷の平和」と日本

 

 護憲派の平和に対する考え方は多様ですが、絶対的平和主義を支持する論者が少なくないようです。絶対的平和主義の論者は、自衛のための戦争も、自衛のための戦力も否定します。このような立場から、日本の独立と安全をどのようにして確保しようとしているのでしょうか。論者は、(1)非武装中立(2)国連中心主義(3)無抵抗主義-を主張します。(1)が妥当でないことは、前回説明しました。

 国連中心主義も妥当とは思われません。第一に、戦後の国際政治において、国連は重要な局面において機能不全に陥っています。戦後の平和は、各国の軍事力と各国が任意に締結している軍事同盟によって保持されてきました。なお、国連憲章は戦争を否定しているわけではありません。

 侵略行為を「悪(あ)しき戦争」として、これに対する国連主導の制裁を「正しい戦争」とみなしています。そして国連軍が形成されない場合においては、各国の責任において自衛戦争がなされることが前提とされています。自衛戦争も「正しい戦争」とみなされています。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital