Share...
22 Feb 2014 01:54

科学STAP細胞の疑念、「ささいな誤り」「内容に影響ない」共著者の米教授2014.2.22 09:04

  • [PR]

科学

  • メッセ
  • 印刷

STAP細胞の疑念、「ささいな誤り」「内容に影響ない」共著者の米教授

2014.2.22 09:04
理化学研究所の研究ユニットリーダー小保方晴子さん=神戸市中央区

理化学研究所の研究ユニットリーダー小保方晴子さん=神戸市中央区

 理化学研究所が英科学誌ネイチャーに発表した新たな万能細胞「STAP細胞」の論文画像に不自然な点があるとの指摘について論文共著者のチャールズ・バカンティ米ハーバード大教授は21日、「ささいな誤りがあったが、論文の内容には影響しない」とする見解を発表した。論文は理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子研究ユニットリーダーらが執筆。画像データに加工されたように見える部分があるなどの指摘を受けて理研が調査している。

 バカンティ教授は所属するブリガム・アンド・ウィメンズ病院の広報を通じ「疑念が持ち上がったが、編集段階のささいな誤りに起因するもので論文全体の内容には影響を与えないと考えている。調査が終わるまでは論文以上の情報を出すことは控える」とした。

 同病院は「高い倫理と研究の整合性を維持するのが私たちの責務。注意を引いた疑問や懸念はこうした方針に沿って精査される」と説明、問題を調査する可能性を示唆した。(共同)

このニュースの写真

新型の万能細胞「STAP細胞」の作製に成功した理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー=神戸市(伊藤壽一郎撮影)
新たな手法で作られた万能細胞「STAP細胞」について発表する理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダー=1月28日、神戸市中央区

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital