Share...
18 Feb 2014 04:18

STAP細胞:「画像」をネイチャーが調査

毎日新聞 2014年02月18日 12時11分(最終更新 02月18日 13時14分)

 あらゆる細胞に変化できる万能細胞「STAP細胞=刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞=」の作製成功を発表した理化学研究所など日米の研究チームの論文について、論文を掲載した英科学誌ネイチャーは18日、画像に不自然な点があるなどと指摘されている問題の調査に乗り出したことを明らかにした。

 STAP細胞は、小保方(おぼかた)晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーを中心に作製した。しかし、STAP細胞が変化したとされるマウスの胎盤の写真が、別の条件で実験した写真に酷似しているなどと指摘されている。ネイチャーはホームページ(HP)上に、共同研究者のコメントや現時点で判明した情報などを紹介する記事を、17日付で公開した。

 記事によると、共同研究者で元理研チームリーダーの若山照彦・山梨大教授は写真が酷似していることを認め、「100枚以上の画像を小保方さんに送っており、混乱があったのではないか」と回答した。

 記事は、海外の複数の研究室で実験が再現できていない状況も報告しているが、若山教授は「私たちだけではSTAP細胞の作製は難しかったが、小保方さんに教えてもらい自力で成功した。だから結果は正しい」と話したという。小保方さんからは、現時点で回答がないという。【斎藤広子】

最新写真特集