Share...
03 Feb 2014 19:06

政治【中高生のための国民の憲法講座】第24講 百地章先生+(1/3ページ)(2013.12.14 08:45

  • [PR]

政治

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第24講 百地章先生

2013.12.14 08:45 (1/3ページ)
憲法前文に国柄や国の成り立ちを明記することの重要性を考えてみましょう

憲法前文に国柄や国の成り立ちを明記することの重要性を考えてみましょう

 ■前文にわが国独自の国柄を

 冷戦終結後の世界の憲法を見ると、「国のかたち」や「国の成り立ち」などを前文の中に盛り込んだものが増えています。

 例えば、1993年に制定されたロシア憲法では、このように述べています。「われわれ、ロシア連邦の多民族の人民は、…共通の運命によって結ばれ、…歴史的に形成された国家的統一を保持し、…われわれに、祖国に対する愛と尊敬、善と正義の信念を伝えた祖先の記憶を尊び、…ロシア連邦憲法を採択する」

 ◆憲法には「国柄」の意味

 「憲法」は英語の「コンスティチューション」の訳語であり、コンスティチューションには「国柄」の意味がありますから、これは自然ではないでしょうか。

 この点、明治憲法の前文でも、わが国の国柄や成り立ちがはっきり示されていました。原文は難解ですが、例えば、憲法発布の勅語(ちょくご)(明治天皇のおことば)には「わが祖先は国民の祖先に助けられてこの国を建国した」こと、そして「歴代天皇の威徳と国民の忠義や勇気、愛国心によってわが国の輝かしい歴史が作られてきた」とあり、建国以来のわが国の歴史や「君民一体」の国柄がうたい上げられています。

 また、「私は国家の繁栄と国民の幸せを最大の喜びとし、現在および将来の国民に向けて、この憲法を発布する」と述べ、憲法制定の目的が示されています。さらに「国民の幸福の増進」や「国民の権利および財産の保護」が憲法制定の目的であることも繰り返されています。

このニュースの写真

日本国憲法の問題点がひとめでわかる『国民の憲法』(産経新聞出版、税込み1260円)が好評発売中

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital