新しい万能細胞「STAP細胞」の論文問題で、神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)が近く、研究のチェック体制を検証するチームを設置することが17日、わかった。

 論文をめぐっては、理研本部(埼玉県和光市)の調査委員会が不正があったかどうかを調べており、14日には中間報告を公表。野依良治理事長が「重大な過誤があった」と認め、調査を続けている。

 CDBには小保方(おぼかた)晴子さんら主要著者が所属しており、検証チームでは論文の不正の有無とは別に、誰にどのような責任があったかなど、研究の管理体制に焦点をあて問題点を洗い出す。CDBによると、チームには外部の専門家に入ってもらうことも検討しているという。

 STAP細胞が実際にできていたのかどうかについては、理研本部の調査委、CDBの検証チームともに調査の対象外で、理研以外の第三者の再現実験や検証にゆだねる方針だという。