Share...
01 Oct 2013 10:09
朝日新聞デジタル:「反骨の踊り子」再び 一条さゆりさんしのぶ会 - 社会

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「反骨の踊り子」再び 一条さゆりさんしのぶ会

写真:一条さゆりさんの遺影の前で、元踊り子による「献上の舞」が演じられた=大阪市西成区萩之茶屋2丁目拡大一条さゆりさんの遺影の前で、元踊り子による「献上の舞」が演じられた=大阪市西成区萩之茶屋2丁目

 【編集委員・小泉信一】「反権力の象徴」と語り継がれるストリッパー、一条さゆりさんをしのぶ会が十七回忌にあたる3日、大阪市西成区の立ち飲み酒場「難波屋」であった。ストリップ劇場の元興行師で写真家の川上譲治さん(63)が「波乱に満ちた生涯に再び光をあてたい」と企画。ファンや関係者ら約200人が集まった。

 一条さんは1972年、大阪での引退興行中に公然わいせつ容疑で現行犯逮捕され、娯楽か犯罪かをめぐって最高裁まで争ったが、懲役刑が確定。晩年は生活保護を受けながら大阪・釜ケ崎で暮らし、97年8月に肝硬変のため60歳で亡くなった。

 東京から駆けつけた元ストリッパー牧瀬茜さんが「ストリップ劇場の存続が危うい中で踊り子はみんな懸命に踊っている。天国から見守って下さい」と追悼の辞を述べた。一条さんの生涯を描いたアングラ劇「谷間の百合」が上演されたほか、引退後を知る舞台役者、一色凉太(いっしきりょうた)さん(71)が一条さんの最期を語った。

最新トップニュース

PR情報

検索フォーム

おすすめ

俳優・福士蒼汰のセカンド写真集。オーストラリアで撮影された10代最後の表情をたくさん詰め込んだ1冊

音楽市場が縮小する中、エイベックスが過去最高益を上げたカギは…。

なぜ、北の島に惹かれ、海を渡ったのか。元島民が、「故郷」への思い静かに語る。

新型iPhoneがあらゆるシーンで大活躍!

紫外線や皮脂汚れから頭皮を徹底保護

洗練されたフォルム、素材や色を自分好みにカスタムオーダー

注目コンテンツ

  • ショッピング初めて明かされる撮影秘話

    あまちゃんメモリアルブック

  • ブック・アサヒ・コムボク、ライオンに似てる?

    同じポーズで見比べる写真集

  • 【&M】世界中の豪華ホテルがずらり

    だれでもビップ待遇をゲット

  • 【&w】自宅でハモしゃぶを!

    実は秋のほうがおいしい!?

  • Astand優雅な生活に見えますか?

    駐リビア大使の日常、実際は…

  • 朝日転職情報

  • 就活朝日2014

朝日新聞社会部 公式ツイッター