Share...
01 Apr 2014 11:11

STAP細胞:「不正は小保方氏単独で?」会見一問一答

毎日新聞 2014年04月01日 16時06分(最終更新 04月01日 17時41分)

 真貝 我々に渡されたノートが2冊。本当に2冊しかなかったかどうかは、完全には我々は把握してない。

 Q パソコンは。

 A 小保方氏が持ってたのはパソコンで私物。任意でデータの提出をお願いした。

 Q 個人のパソコンは検証していないのか。

 田賀 予備調査を始めて、事務局を通じて資料の提出をしてもらった。2冊のノート提出を受けた。委員会としては、それ(任意提出)はつらいところがある。

 Q モノの提出は?

 渡部 モノではなくて、データ。PCからデータが出されているという確認は外部の人が確認をしている。

 Q 論文全体が正当性があり実験的な裏付けがあるかはこの調査では分からない?

 石井 そのとおり。

 Q 6件を調査対象に選んだのは?

 石井 予備調査ではもともと3件あった。予備調査の段階でさらに3件浮かんだ。

 Q 検察、警察の捜査をやって裁判もやって初めて不正となる。今回本当に不正が証明できたのか。弁明の機会は与えられたのか。

 渡部 不正があったか。悪意があったか。悪意は、刑事事件なら故意というところ。「知っていながら」というところは2件で確認しているので不正。弁明についてだが、今回は「これはどうなんですか」という質問で対象者からいろいろ話を聞いており、それが弁明の機会になっている。

 Q 「故意」という判断について弁明の機会を設けないのか?

 渡部 委員会としては研究不正と認定した。さらに不服申し立ての権利を認めている。

 Q 理研は前にも不正行為があり、裁判で負けている。限定された調査をしていて、論文全体の不正というよりも、コンプライアンスにかかわる6件に限定して故意があったと認定したと?

 渡部 正確に申し上げると、不正の項目、調査を決定する権限はなく、理研が調査をする、あくまでも。それから、六つは調査の過程で出てきたものであって、最初から6件ということではなかったと私は思う。

 Q ネット上ではもっと疑義がある。

 渡部 そこは専門的で私は分からない。

 Q 委員会はもっと積極的に、キメラマウスも調査できたはずだ。

 渡部 調査期間をどこまで延ばすかの問題で、通常は150日の規定。どういう項目を取り上げるか、疑義が全部あるのか調べ直すと、150日ではまかない切れない。

 Q 実験ノートはあったが2冊しかないし、断片的。実証なければクロでは?

最新写真特集