Share...
22 Feb 2014 02:00
「ノバルティス元幹部「組織的関与ない」」 News i - TBSの動画ニュースサイト
ここから本文です
最終更新:2014年2月21日(金) 13時24分

ノバルティス元幹部「組織的関与ない」

 製薬大手「ノバルティスファーマ」の高血圧治療薬をめぐる論文不正問題で、ノバルティスの元幹部が初めて取材に応じ、「会社としての組織的な関与はない」と否定しました。

 「改ざんうんぬんというのはあり得ないし、そんなことを想定したこともない」
Q.組織的な関与はあったと思う?
 「思いません」(ノバルティスファーマ社の元営業担当幹部)

 この問題は、ノバルティスの高血圧治療薬「ディオバン」が臨床研究のデータが操作され、脳卒中などの予防にも効果があるとして販売されたものです。

 臨床研究を行った5つの大学にはノバルティスから総額11億円が寄付されていて、臨床研究にノバルティスの社員が「非常勤講師」などの肩書きで関与していましたが、JNNの取材に対し、ノバルティスの営業部門の当時の幹部は、データ操作への組織的な関与を否定しました。

 「身分を偽ってとか全く想定していなかった。指示をしてそこまでやれとかは一切言っていない」
Q.大学への寄付について
 「何も期待せずにということはないでしょうけれど、何か自分たちに有利にしてやってくださいとかそういうことではない」(ノバルティスファーマ社の元営業担当幹部)

 東京地検特捜部は、ノバルティスが不正なデータを薬の宣伝に利用した薬事法違反の疑いで捜査していて、今後、データ操作の経緯などについて調べを進めるものとみられます。(21日12:49)

2014年2月21日(金)のニュース一覧

社会

政治

経済

国際

スポーツ

列島トピックス