STAP細胞の研究不正問題で、下村博文・文部科学相は1日、理化学研究所の調査報告について「十分ではない」と述べ再提出を求めた。今月中旬に関連法案の閣議決定をめざしていた特定国立研究開発法人の指定については、先送りする考えを示した。

 ただ、「今国会中に関連法案を成立させたい。そのためには、できれば4月中、連休前後には調査報告を出してもらわないといけない」としている。