Share...
02 Mar 2014 20:52
関係者たちが固唾を呑む「STAP細胞」捏造報道  小保方晴子さんにかけられた「疑惑」

[ptitle]
なぜ、こんなことになったのか。世界が将来の発展に期待した、新万能細胞STAP細胞。うら若き開発者である小保方晴子さんの論文に、次々と疑義が呈されている。劇的な名誉挽回はあるのか。

すでに「ミス」は認めている

「私は、いまとなっては小保方(おぼかた)さんたちの研究を、非常に懐疑的に見ています」

 ケンブリッジ大学幹細胞研究所のジョゼ・シルヴァ博士は、こう語る。


会員の方は