Share...
05 Mar 2014 01:28

「Listening――あなたの声を聞きたい」は、記事をもとに読者の皆さんと議論を深める場所です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。利用規約はこちら

Listening:質問なるほドリ:リケジョってどんな人?=回答・元村有希子

2014年02月03日

 ◇女性の科学者や理系学生 「お手本」少なく数増えず

 なるほドリ あらゆる細胞になる「STAP(スタップ)細胞(刺激惹起性多能性獲得(しげきじゃっきせいたのうせいかくとく)細胞)」の作製を発表した理化学研究所(りかがくけんきゅうじょ)の小保方晴子(おぼかたはるこ)さん(30)が「リケジョのヒロイン」と紹介されているけど、リケジョって?

 記者 「理系女子(りけいじょし)」の略称です。明確な定義はありませんが、科学技術の仕事についている研究者や技術者、大学で自然科学を学ぶ女子学生、さらにこうした進路を目指す女子中高生を「リケジョ」と呼ぶことが多いようです。

 Q 小保方さんのような女性科学者ってどのくらいいるの?

 A 企業や研究機関で研究を仕事にしている人は全国で約90万人。このうち女性は12万5000人で、全体の14%です。内閣府の集計では、この比率はロシアの42%、米国の34%などより低く、先進国最低レベルです。教授など指導的地位にある女性の割合も低く、安倍政権の目標「2020年までに30%」には遠く及びません。

 Q 科学者になるには、大学で理系の勉強をする必要があるよね。

 A 最近、「就職に有利」などの理由から、理工系学部を志願する女子は増えていますが、大学院の修士課程(しゅうしかてい)、博士(はくし)課程と進むにつれて、女子比率は減っていきます。博士号は科学者にとって免許証のようなもの。博士課程への進学が増えなければ、科学者も増えません。

 Q なぜ増えないの?

 A 博士課程に進むと、職業選択の幅が狭(せば)まる上に、少数派の世界で科学者としてやっていけるかという不安が大きいようです。社会的自立が遅れ、結婚や出産などが後回しになるのではないかという不安もあります。お手本になる同性の先輩が圧倒的に少ないことも影響しているでしょう。内閣府男女共同参画局(ないかくふだんじょきょうどうさんかくきょく)は、理系に興味がある女子学生たちが将来の自分をイメージしやすいよう、先輩たちの活躍ぶりや大学の取り組みを紹介するホームページ「理工チャレンジ」を近く開設します。

 Q 小保方さんはいいお手本かな。

 A 理系女子に関する情報を提供している講談社(こうだんしゃ)の「リケジョ」編集部によると、小保方さんが話題になってから、ホームページ閲覧数(えつらんすう)が倍増したそうです。砥上雅夫(とがみまさお)編集長は「小保方さんの経歴は華麗(かれい)すぎて、お手本になるかどうかは分からないが、理系を目指す自分の目標は間違っていないと励まされたリケジョは多いのでは」と話しています。(科学環境部)

………………………………………………………………………………………………………

 掲載テーマを募集しています 〒100−8051毎日新聞「なるほドリ」係

利用規約

投稿は利用規約に同意したものとみなします。
不適切な投稿の管理者への通報はコメント下のから行ってください。

最新写真特集