Share...
15 Mar 2014 23:21

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】投票と法改正が支える民主制 第36講 池田実先生+(1/2ページ)(2014.3.8 11:39

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
投票と法改正が支える民主制 第36講 池田実先生

2014.3.8 11:39 (1/2ページ)
投票と法改正、憲法改正の国民投票の意味を考えてみましょう

投票と法改正、憲法改正の国民投票の意味を考えてみましょう

 憲法前文は、国民の厳粛な信託を受けた代表者が権力を行使する国政のあり方、すなわち代表民主制を、「人類普遍の原理」としています。国の立法・行政は代表者(国会議員や首相・大臣)に委ねられるが、代表者が行う決定の正当性は主権者国民の多数意思に基づく、という意味です。

 国民の多数意思は、国政選挙の結果にあらわれます。ところが、それに基づいて樹立した政権の政策に国民各層から強い反対の声が上がり、国会が紛糾することがあります。特定秘密保護法への反対運動は、記憶に新しいところです。

 ◆棄権してはいけない

 国民の自由な言論活動は、健全な民主主義社会の生命線です。「一票の格差が大きく、投票率も低い選挙は民意を反映していない」といった権力の正当性そのものへの疑念や、特定の政策に関する世論調査の結果などを代表者は重く受けとめるべきです。しかし、憲法は最終的な決定を国民にではなく代表者に委ねており、決定は議会の多数決で行われます。「強行採決は与党の横暴だ」などの批判も反対派の主観的・相対的な評価にとどまり、議決の法的な効力まで否定することはできません。

 代表民主制において真正な民意といえるのは、選挙結果にあらわれた多数意思だけであり、その効力は、代表者の任期が中断または満了するまで続きます。重要法案の成否は、選挙終了時点でほぼ勝負がついてしまうのです。選挙で一票を投じることが有権者にとっていかに重要であるかがわかると思います。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital