Share...
29 Mar 2014 18:41

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第39講 「違憲=悪法」ではない 、「個人」一辺倒の憲法への疑問+(3/3ページ)(2014.3.29 11:30

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第39講 「違憲=悪法」ではない 、「個人」一辺倒の憲法への疑問

2014.3.29 11:30 (3/3ページ)
違憲とされた法律は悪法か?考えてみましょう

違憲とされた法律は悪法か?考えてみましょう

 国民が憲法を改正する際に、まず最初に必要となるのは、国会による発議です。その意味で、国会議員が違憲判決の妥当性を評価したり、憲法の良し悪しを議論するのは、非難されるべきであるどころか、むしろ国民の代表者として当然の責務ということができます。

                    ◇

 池田実いけだ・みのる 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。山梨大学講師・助教授、日本大学助教授・准教授を経て、現在、日本大学法学部教授。専攻は憲法学、憲法政治学。『憲法』『スペイン憲法概要』「新憲法への構想」など著書・論文多数。52歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital