Share...
23 Mar 2014 12:32

Chem-Station

Chem-Stationさんの最新投稿情報を受け取る
 

STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離――後編

投稿日: 2014年03月23日 18時51分

2014-03-23-stap_2_title.png

前回のポストでも指摘したように科学で最も重要視されるのは論文です。

学会発表は妙な内容でも可能で、物理学会では珍妙な自説を展開する怪しい人(?)たちのセッションが用意されてると聞いたことがあります。

書籍は自由になんでも創作することができますし、特許も新規性が重視され、科学的な正しさの裏付けは不十分なことがあります。

では学術論文はその他と何が違うのでしょうか?それは科学者たちが脈々と受け継いできた科学の正しさを担保する制度作りにありました。ここで学術論文がどのようにして世に出て、どうなっていくのかをあらためて解説したいと思います。論文の仕組みを理解していただくとSTAP細胞問題のどこが問題なのかがすんなりとおわかりいただけると思います。

さて、あなたが科学的に新たな知見を得たら、学術論文を書かなければいけません。これは義務です。中世では科学は大金持ちの一種の道楽のようなものでしたが、現在では完全に自費で研究することはまずありません。大きな部分を国民の税金で負担しています。研究成果を自己完結、自己満足で終わらせることなく、人類共有の智として蓄積する義務があります。


■ 早速論文を書きましょう

学術論文で必要な要素を以下に挙げます。全ての科学的な論文では全てが必ず求められます。

1, タイトル

2, 著者名、所属

3, 研究によって得られた新しい知見について

4, 実験方法やデータなど、論文で主張する説の根拠となるもの

5, 引用文献のリスト

1, タイトルは突拍子もないものでなければある程度自由度が高いですが、近年では自分の論文を他人に読んでもらうためにタイトルの設定は非常に重要になっています。あまりにゴテゴテしているのは好まれないようですね。

2, 論文には必ずその研究に携わった研究者の氏名と所属が書かれます。近年ではたった一人で全ての研究を完結させることが困難になっています。自分で資金を獲得し、自ら全ての実験をこなし、論文を書き上げるというのはよっぽどことがないとできないことから、単名の論文は少ないです。

複数の研究者が関係した研究の論文では、誰を著者にするべきかという問題が発生します。資金を稼いできただけ、命令されて内容もわからないまま実験しただけ、論文作成に必要なデータを測定しただけ、など様々な立場の研究者が関わっていることでしょう。この著者の線引きは非常に難しいので禍根を残すこともよくあるようですが、厳密には研究に対して本質的に貢献があった人だけが論文の著者として認められます。ですからちょっとデータ取りを手伝ってもらっただけの四回生や、ちょとしたアドバイスだけしたようなスタッフなどは残念ながら外さなければなりません。Nature誌などでは論文のどの部分に誰が貢献したのかを具体的に示す項目があったりします。論文に箔を付けるために著名な教授をおまけで著者にする、gift authorshipなどの行為は許されません。

では次にどのように著者名を並べるのでしょうか。業界によっては完全にアルファベット順という文句の出ようがないところもあるようですが、少なくとも化学では違います。研究において最も貢献度が高い人が一番最初になります。これを筆頭著者 (first author)と呼びます。理論を思いついた人であったり、研究を主体的に行った人が該当します。例え実験全てを一人で行ったとしても、ただ先生の言うことをホイホイ聞いていただけという場合は該当しません。ですから論文に最も責任があるのが筆頭著者です。あとは研究に対する貢献度順に著者を並べるだけです。ただ、我が国では研究の統括者という意味合いでラボのボスを最後に並べる (last author)ことが多いようです。まあ実質的にはボスが研究の構想を立てて研究費をとってくることも多いですから、ボスが誰なのかというのを結構気にしています。

acs
こちらから一部拝借\

さて実際の論文にある著者リストをみると変なマークがたくさんついていることに気づきます。単に所属の違いを表すだけのものもありますし、下の方に注釈があったりもします。よくある注釈としは、誰と誰の貢献度は同じですよというのがありますね。中国人は貢献度についてはこだわりがあるように思います(生活がかかってますから当たり前と言えば当たり前なのですが)。

それとは別にもう一つ重要なマークがあります。多くの論文誌では*(以下米)です。このマークは責任著者 (corresponding author)を表します。論文に対する問い合わせなどは全てこの著者が行います。近年ではe-mailアドレスが必ず書いてありますので、質問や共同研究の申し入れなどが簡単にできるようになりましたが、それらは全て責任著者がおこないます。上の図のように責任著者が複数というケースもあります。


■ 責任著者と筆頭著者の役割はどう違う?

基本的には筆頭著者が責任著者であるべきでしょう。だって研究に一番貢献した人が色々対応するべきですもんね。でも大学院生が筆頭著者になってしまった場合、数年後にはラボにいなくて、e-mailアドレスが使用不能なんてケースも十分あり得ます。ですから筆頭著者と責任著者が一致せず、last authorのボスに米マークが付いているというのは実務的には合理的です。報道などでも米が付いている著者が紹介されることになりますので、責任は重大です。論文を引用して「2014年に誰々が何々した」などと論文に書く場合は責任著者を誰々にするケースがほとんどです。たまに筆頭著者で引用しなさいという規定がある雑誌もあります。

3, 次にようやく論文の本文です。自説について説得力のある説明をしなければなりません。

4, 論文の主張を裏付けるデータは漏れなく、正確なものを記載すること。これは論文作成における基本中の基本です。この部分を最も重視しなければなりませんので写真を取り違えるとか、詳細な実験方法を提供しないとかは本来であればあり得ませんし、あってはならないことです。

5, 科学というものはほぼ間違いなく過去の知見を基にしています。いくら突拍子のないアイディアだったとしても、何かしらの手法や理論を参考にしているはずです。もしくは既存の理論に対抗する全く新しい理論を構築したのであれば既存の理論と新理論のどこが違うのかなどを述べる必要があります。ここで重要なのは、論文のどこが新しいところで、どこが既知のところなのかを明示しなければならないということです。既知の事実や、誰がこう主張している、ということを述べる場合は引用文献として挙げていかなければなりません。引用したところを明示する書式は学術雑誌によって様々ですが、化学系は上付の数字が引用箇所についていて、論文の最後に番号順にリストが付いていることが多いです。生物系ではカッコで例えば(Yamaguchi et al. 2014)のように筆頭著者、もしくは責任著者の苗字と論文の出版年があって、引用文献リストは著者のアルファベット順に並んでいるというのが多いかもしれません。

このようにして引用文献のリストを作ることで、論文のどこに新規性があるのか、論文の主張は何によって裏付けられるのかなどを明確にしなければなりません。これが無いと過去の論文のもっともらしい部分を継ぎはぎするだけでそれなりの論文が書けてしまいますし、後述しますが論文の審査にも大きく影響してしまいます。


■ 完成した論文を学術雑誌に投稿

論文の草稿が完成したら、著者全員がその内容について吟味する必要があります。全員の同意を得て初めて論文は完成します。後になって名前を貸しただけだから内容は知らなかったなどとしらを切ることは許されません。

そして完成の暁にはどの雑誌に投稿するのか。ここが悩ましいところです。当然ですが全くの異分野を扱う論文誌は避けるべきですが、論文は審査を受けなければなりませんので該当分野であればどこでもいいということはありません。もし、世紀の大発見なのであれば、NatureやScienceなどの一般にも広く読まれるような雑誌がいいでしょう。影響力は絶大で、新聞記事でも取り上げてもらい、一躍スター研究者になれるかもしれません。ただし採択率は10%以下と厳しい審査が待っていることに注意しなければなりません。ですから、これらの雑誌に論文を掲載すべく世界中の研究者が鎬を削り、インパクトファクターという意味不明な指標で翻弄されています。採択率がザルな粗悪な論文誌もあるので、そういった論文誌には注意が必要です。

ここで指摘しておきたいのは論文は研究者が所属している機関を通していないということです。STAP細胞騒動における論調として理研は何をやっていたのかというのが見られますが、いちいち所属機関は投稿する論文に目を通したりしません。そんなことを誰がどうやってできると思います?専門もバラバラ、内容も新規なものばかりです。それらにねつ造があるかないかなんて判定することができる人なんているわけがないのです。研究機関でできることと言えば研究者のモラルについて教育するくらいです。それでも悪意を持った研究者がいたら発覚の後に解雇する以外どうすることも出来ません。


■ そしてピアレビュー

投稿された論文は、書式が整っていればまず編集者のもとに送られます。編集者は投稿されてくるたくさんの論文から、審査(査読)に回すかどうかを判断します。Nature誌などでは研究の内容が優れていても一般受けしないからという理由でこの段階で拒否されることもあります(社交辞令かもしれませんが)。

論文の審査(ピアレビュー)は通常2-3人の当該分野の研究者が行います。審査員は論文著者が候補者を数人挙げる場合と、編集者が任意に選ぶ場合があります。当然ですが候補者を挙げることができる場合は、該当分野で業績があり、自分に好意的な研究者を選ぶべきでしょう。事前に審査の候補者になってくれないか打診しておくのもいいですね。

審査員は論文の内容をじっくり吟味します。自分の専門から照らし合わせて論文が主張している内容が妥当であるか、もっとこんなデータが必要なのではないかなどをコメントし、編集者に対して雑誌への掲載に値するかどうか進言します。

審査意見には大きく分けて4つあり、適しているので受理 (accept)、内容はいいが軽微な修正が必要 (minor revision)、内容は悪くないがデータの補足など大きな改訂が必要 (major revision)、こりゃダメだね (reject)です。ここで数人の意見が編集者に寄せられますのでその意見を元にして編集者が論文の採否を決定します。英語の修正なんかも指摘されたりするので、一発で受理というのはまれだと思います(筆者だけ?)。

最終的には論文の採否の決定権は編集者にありますので、審査員の意見が割れたときなどは編集者の裁量で決まります。筆者も審査員がどちらかというとネガティブだったのに受理されたり、逆に審査員が好意的でもrejectされたこともあります(だったら始めから審査に回すなよな)。

改訂が必要と指示された場合は、審査員のコメントに対して一つずつ回答していきます。修正に応じるか反論するかは著者にゆだねられており、必ずしも全て審査員の意見に従う必要はありません。「細胞生物学の歴史を愚弄している」などという辛辣なコメントがあったとしても、それに対する反論し、それを編集者が認めれば受理されることもあるでしょう。大幅な改訂の際はもう一度同じ審査員が再審査をおこなうケース、軽微な修正であれば編集者の判断で終わるケースなど色々あります。また、この再審査を何回も行ったり来たりするケースもあり、最初の投稿から1年以上かかってやっと受理ならまだしも、やっぱり却下なんてケースもありえます。


■ 査読の実態は?

筆者も度々論文の審査をしておりますので、実情をお話ししてしまいましょう。

まずはどうしても論文の著者を見てしまいますね。信用のおけそうな研究者かどうか、ここでバイアスがかかってしまうことは否めません。

次に要旨を丹念に読みます。著者が何を主張したいのかは論文の要旨に書かれているので、意図をくみ取ってから本文を読みます。全体として筋が通っているか、その証拠に不備はないかを読んでいきます。最後にデータを吟味して間題が無いかどうかをチェックします。例えば化合物の合成であれば、過去にどのような合成法があったのかを調べたり、類似の化合物の物性を調べたりします。矛盾があればデータを詳細に見返して何が問題なのかを考えます。

審査に要する時間は論文の長さにもよりますが、丸一日以上、へたすると数日かかる場合も少なくありません。特に引用文献の不備などの調査は時間がかかりますし、物性を吟味するのはかなり骨が折れます。そもそも何が言いたいのかよく分からない論文や、軽微な間違いが頻発している論文などはノーコメントでrejectしてしまいたい衝動に駆られます。しかし、人のこと言えるような身分でもないですし、論文を書いたであろう人の事を想い、真摯なコメントをつけるよう心がけています。

ここで理解してもらいたいのは、論文の査読においては投稿されたデータが全て適切なもので、どこかから写真を切り取ってきたなんてことは全く想定していないということです。論理的に正しいかどうかは判定しますし、科学的に正しいかも判定しますが、悪意のあるなしに関わらず、それらしいデータを提示されてしまえば判断のしようがありません。

筆者の専門は有機化学分野ですので、この化合物が95%で合成できたと言われれば、実験項にある数字を再計算して確認するくらいしかできることはありません。本当は30%しか取れてないんだけど、「生成物がとれた量を盛ってしまえ」とか、本当は反応の選択性は3:1なんだけど、「20:1ということにしてしまえ」なんてやられたらそれを見抜くのは不可能です。また論文の文章がコピペされているかどうかまでは調べたこともありません。そのような事は全員がやらないという前提でなければピアレビューの制度は崩壊すると思います。今回の騒動でもNature誌に掲載された論文なのに審査員はなにをやっていたのか、などという論調を見ることがありますが、それは酷というものです。最近ではGoogleの画像検索とか、コピペ判定ソフトのコピペルナーなんていうIT技術も出てきていますので査読の前に機械的な審査が入る時代がくるかもしれませんね。

それだけ大変な作業ですから審査員の審査意見もかなり適当なケースもあります。本当に読んだのかな?と感じることも多々あります。杜撰な査読は科学の崩壊にも繋がるので避けてほしいところです。逆にものすごくきちんと細かいところまで指摘されると、ネガティブな意見であってもすがすがしい気分にさえなるものです。


■ 遂にaccept!

めでたく受理の通知が来ればそれでお終いという訳ではなく、実際の論文として印刷するための校正があります。ここではもう論文の内容改訂などはできません。最近ではまずwebに掲載され、その後具体的なページ番号が決まり出版となります(電子ジャーナル専門誌も増えてきました)。ページ番号が決まったところでもうやることは無くなります。世に出て、世界中に影響を与え始めるのです。興味がある研究者から共同研究の打診を受けることもあるでしょうし、誤りを指摘されるかもしれません。


■ 論文に誤りがあったら・・・

自ら気づいて、もしくは他人から指摘されて論文の内容に誤りがあることが後日明らかになったらどうすればいいでしょうか?軽微なスペルミスなどはあまり訂正しませんが、化学だったら構造式が間違ってるとか、データの数字が間違っているということはしばしばあります(本当はあってはなりませんが)。あり得ない構造を提案してしまったりもしばしば起こります。その場合、編集者に対して訂正を申し出ます。著者の責任で誤った場合はCorrigendum、編集側の誤りはErratumとして掲示され、読者に注意を呼びかけます。

論文の主張に対する致命的な誤りが見つかったらどうなるでしょうか?それが意図的であれば悪質ですが、著者の思い込みやデータ解釈の誤りによって論文の主張が成り立たなくなる場合がありえます。その場合は訂正ではなく論文の撤回 (retraction)を編集者に申し出る必要があります。ただ、どんな指摘を受けても、明らかなねつ造であってもなかなか撤回しようとしないのが通常です。一度撤回してしまうと、大々的に話題になってしまい、経歴に傷が付いたり、研究費の申請に悪影響があったりといったことを恐れるからです。

ある調査によると論文撤回のうち70%程度が著者自身によってされていますが、編集者や、出版社による撤回も30%程度あります。ですからSTAP細胞論文でも著者の同意がどうのこうのいうのはあまり意味がありません。


■ 言い古されてきた科学者のモラル

科学は論文の存在によって互いに影響を及ぼし合っています。一つの論文が多くの科学者のその後の研究の方針を変えてしまったり、まったく無駄な研究に莫大な資金や人的リソースが浪費されてしまったりすることは十分考えられます。誤りが明らかになった場合は速やかに訂正、撤回を行うことが科学者としてのモラルだと思います。

Nature、Cell、Scienceなどの著名な雑誌に論文を載せることが次のポスト、研究費の獲得に直結してしまうのが世界的な実情です。そのためには多少の不正をもいとわないという研究者が出てくるのは仕方のないことなのかもしれません。しかし、このままでは科学の世界が市民に認められることはないでしょう。見つからなければ、逃げ切れればなんとかなるなどという考えを起こさせない、小さな不正でも割に合わないのだという風潮にならなければなりません。科学者という人種は市民からは変わった世界にいる人たちだと思われているように感じています(科学者も当然一市民ではありますが)。閉鎖的であることで守ってきた伝統もありますが、科学者の数が爆発的に増加するにつれ様々な問題が持ち上がってきています。市民と科学者の意識のギャップを少しでも小さくしていかなければなりません。そのためには少なくとも科学の作法についての理解を深めてもらう努力が必要だと考えます。

以上ここまで長文にお付き合いいただき誠にありがとうございました。

個人的な見解も多分に含まれていますので誤りなどご指摘していただければ幸いです。

Author: ペリプラノン

【関連記事】
STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編(2014年03月19日 10時07分)
和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか(2014年02月03日 09時40分)
科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?(2013年03月01日 17時05分)

(2014年3月22日Chem-Station「化学者のつぶやき」より転載)

Loading Slideshow...
  • 織姫と彦星

    中央上の明るい星がベガ(織姫)、左中央の明るい星がアルタイル(彦星)。左下のデネブと合わせた三角形が「夏の大三角」と名付けられている。

  • こと座のベガ

    こと座で最も明るく、七夕の伝説では織姫(おりひめ)として知られている。

  • わし座のアルタイル

    日本では七夕の伝説の「彦星(ひこぼし)」として知られている。

  • こと座の星々

    右上に見える最も明るい星がベガ。日本では七夕の伝説に登場する「織姫」として知られている。

  • Summer triangle of stars

    Summer triangle of stars

  • The constellations Delphinus, Vulpecula, Sagita and Aquila in the northern sky.

    The constellations Delphinus, Vulpecula, Sagita and Aquila in the northern sky.

  • Aquila constellation. The Milky Way running through the constellation Aquila, the eagle. North is at top. The bright star in the center is Altair (Alpha Aquilae). This star is flanked by Tarazed (Gamma Aquilae, above) and Alshain (Beta Aquilae, below). Al

    Aquila constellation. The Milky Way running through the constellation Aquila, the eagle. North is at top. The bright star in the center is Altair (Alpha Aquilae). This star is flanked by Tarazed (Gamma Aquilae, above) and Alshain (Beta Aquilae, below). Alt

  • The silhouette of the space shuttle Endeavour, Feb 9, 2010

    The silhouette of the space shuttle Endeavour appears over Earth's colorful horizon in this image photographed by an Expedition 22 crew member on Feb. 9, 2010.

  • Flying V Galaxy

    "These tidal tails are thin, elongated streams of gas, dust and stars that extend away from a galaxy into space. They occur when galaxies gravitationally interact with one another, and material is sheared from the outer edges of each body and flung out into space in opposite directions, forming two tails. They almost always appear curved, so when they are seen to be relatively straight, as in this image, it is clear that we are viewing the galaxies side-on."

  • Stars Brewing in Cygnus X

    A bubbling cauldron of star birth is highlighted in this image from NASA's Spitzer Space Telescope. Infrared light that we can't see with our eyes has been color-coded, such that the shortest wavelengths are shown in blue and the longest in red. The middle wavelength range is green. Massive stars have blown bubbles, or cavities, in the dust and gas--a violent process that triggers both the death and birth of stars. The brightest, yellow-white regions are warm centers of star formation. The green shows tendrils of dust, and red indicates other types of dust that may be cooler, in addition to ionized gas from nearby massive stars.

  • Dusty Space Cloud

    This image shows the Large Magellanic Cloud galaxy in infrared light as seen by the Herschel Space Observatory, a European Space Agency-led mission with important NASA contributions, and NASA's Spitzer Space Telescope. In the instruments' combined data, this nearby dwarf galaxy looks like a fiery, circular explosion. Rather than fire, however, those ribbons are actually giant ripples of dust spanning tens or hundreds of light-years. Significant fields of star formation are noticeable in the center, just left of center and at right. The brightest center-left region is called 30 Doradus, or the Tarantula Nebula, for its appearance in visible light.

  • Dunes in Noachis Terra Region of Mars

    This enhanced-color image shows sand dunes trapped in an impact crater in Noachis Terra, Mars. Dunes and sand ripples of various shapes and sizes display the natural beauty created by physical processes. The area covered in the image is about six-tenths of a mile (1 kilometer) across. Sand dunes are among the most widespread wind-formed features on Mars. Their distribution and shapes are affected by changes in wind direction and wind strength. Patterns of dune erosion and deposition provide insight into the sedimentary history of the surrounding terrain.

  • Viewing the South Pole of Vesta

    This image obtained by the framing camera on NASA's Dawn spacecraft shows the south pole of the giant asteroid Vesta. Scientists are discussing whether the circular structure that covers most of this image originated by a collision with another asteroid, or by internal processes early in the asteroid's history. Images in higher resolution from Dawn's lowered orbit might help answer that question. The image was recorded with the framing camera aboard NASA's Dawn spacecraft from a distance of about 1,700 miles (2,700 kilometers). The image resolution is about 260 meters per pixel.

  • In, Around, Beyond Rings

    A quartet of Saturn's moons, from tiny to huge, surround and are embedded within the planet's rings in this Cassini composition. Saturn's largest moon, Titan, is in the background of the image, and the moon's north polar hood is clearly visible. See PIA08137 to learn more about that feature on Titan (3,200 miles, or 5,150 kilometers across). Next, the wispy terrain on the trailing hemisphere of Dione (698 miles, or 1,123 kilometers across) can be seen on that moon which appears just above the rings at the center of the image. See PIA10560 and PIA06163 to learn more about Dione's wisps. Saturn's small moon Pandora (50 miles, or 81 kilometers across) orbits beyond the rings on the right of the image. Finally, Pan (17 miles, or 28 kilometers across) can be seen in the Encke Gap of the A ring on the left of the image. The image was taken in visible blue light with the Cassini spacecraft narrow-angle camera on Sept. 17, 2011. The view was obtained at a distance of approximately 1.3 million miles (2.1 million kilometers) from Dione and at a Sun-Dione-spacecraft, or phase, angle of 27 degrees. Image scale is 8 miles (13 kilometers) per pixel on Dione.

  • Active Galaxy Centaurus A

    Resembling looming rain clouds on a stormy day, dark lanes of dust crisscross the giant elliptical galaxy Centaurus A. Hubble's panchromatic vision, stretching from ultraviolet through near-infrared wavelengths, reveals the vibrant glow of young, blue star clusters and a glimpse into regions normally obscured by the dust. (NASA / ESA / Hubble Heritage)

  • Ring of Fire

    This composite image shows the central region of the spiral galaxy NGC 4151. X-rays (blue) from the Chandra X-ray Observatory are combined with optical data (yellow) showing positively charged hydrogen (H II) from observations with the 1-meter Jacobus Kapteyn Telescope on La Palma. The red ring shows neutral hydrogen detected by radio observations with the NSF's Very Large Array. This neutral hydrogen is part of a structure near the center of NGC 4151 that has been distorted by gravitational interactions with the rest of the galaxy, and includes material falling towards the center of the galaxy. The yellow blobs around the red ellipse are regions where star formation has recently occurred. (NASA / CXC / CfA / J. Wang)

  • Festival of Lights

    WISE, NASA's Wide-field Infrared Survey Explorer, has a new view of Barnard 3, or IRAS Ring G159.6-18.5, that is awash in bright green and red dust clouds. Interstellar clouds like these are stellar nurseries, where baby stars are being born. (UCLA / JPL-Caltech / NASA)

  • Pacman Nebula

    In visible light, the star-forming cloud known as NGC 281 in the constellation of Cassiopeia appears to be chomping through the cosmos, earning it the nickname the "Pacman" nebula after the famous Pac-Man video game of the 1980s.

  • Messier 78

    Messier 78 Nebula brings into focus a murky region of star formation. NASA's Spitzer Space Telescope exposes the depths of this dusty nebula with its infrared vision, showing stellar infants that are lost behind dark clouds when viewed in visible light. Messier 78 is easily seen in small telescopes in the constellation of Orion

  • Mercury Messenger

    At 5:20 a.m. EDT on March 29,2011, the Messenger probe captured this historic image of Mercury. The image is the first ever obtained from a spacecraft in orbit of the solar system's innermost planet. (NASA)

  • Celestial Shamrock

    This image from NASA's Wide-field Infrared Survey Explorer, or WISE, features a region of star birth wrapped in a blanket of dust, colored green in this infrared view. Designated as LBN 149.02-00.13, this interstellar cloud is made up of a shell of ionized gas surrounding a void with an extremely hot, bright star in the middle. (UCLA / JPL-Caltech / NASA)

  • Cassini of Saturn/Titan

    Saturn's largest moon, Titan, center, is 3,200 miles in diameter. The smaller moon Enceladus, far right, just over 300 miles across, appears just below the rings. The image was taken with the Cassini spacecraft wide-angle camera at a distance of approximately 524,000 miles from Titan. (SSI / JPL / NASA)

  • Discovery from the ISS

    The space shuttle Discovery is seen from the International Space Station as the two orbital spacecraft accomplish their relative separation. During a post undocking fly-around, the crew of each vessel photographed the opposing craft. (NASA)

  • NGC 2841

    This NASA image shows what the Hubble Space Telescope revealed in a majestic disk of stars and dust lanes in the spiral galaxy NGC 2841. A bright cusp of starlight marks the galaxy's center. Spiraling outward are dust lanes that are silhouetted against the population of whitish middle-aged stars. Much younger blue stars trace the spiral arms. NGC 2841 lies 46 million light-years away in the constellation of Ursa Major (The Great Bear). (Hubble Heritage / ESA / NASA)

  • Tempel 1

    This image obtained by NASA's Stardust spacecraft shows Comet Tempel 1 at 11:39 p.m. EST on Feb. 14, 2011. The NASA spacecraft's flyby of the comet showed erosion on Tempel 1's surface since it skimmed by the sun in 2005 and revealed the first clear pictures of the crater made by a Deep Impact probe. (Cornell / JPL-Caltech / NASA)

  • Sun and Flares

    A pair of active regions on the sun were captured in extreme ultraviolet light from the Solar Dynamic Observatory spacecraft over a three-day period. The magnetic field lines above the regions produced fluttering arcs waving above them, as well as a couple of flares. Another pair of smaller active regions emerges and trails behind the larger ones. (Solar Dynamics Observatory / NASA)

  • North America Nebula -- Feb 16, 2011

    This view of the North America nebula combines both visible and infrared light observations, taken by the Digitized Sky Survey and NASA's Spitzer Space Telescope, respectively, into a single vivid picture. The nebula is named after its resemblance to the North American continent in visible light, which in this image is represented in blue hues. Infrared light, displayed here in red and green, can penetrate deep into the dust, revealing multitudes of hidden stars and dusty clouds.

  • Sun Eruptions -- Jan. 28, 2011

    This still caught the action in freeze-frame splendor when the sun popped off two events at once. A filament, left, became unstable and erupted, while an M-1 flare and a coronal mass ejection, right, blasted into space. Neither event was headed toward Earth.

  • M51 -- obtained Jan. 19, 2011

    This image shows a dramatic view of the spiral galaxy M51, dubbed the Whirlpool Galaxy. Seen in near-infrared light, most of the starlight has been removed, revealing the Whirlpool's skeletal dust structure. This image is the sharpest view of the dense dust in M51. The narrow lanes of dust revealed by Hubble reflect the galaxy's moniker, the Whirlpool Galaxy, as if they were swirling toward the galaxy's core.

  • Giant Supernova -- released on Jan. 14, 2011

    While searching the skies for black holes using NASA's Spitzer Space Telescope, astronomers discovered a giant supernova that was smothered in its own dust in this image released on Jan. 14. In this artist's rendering, an outer shell of gas and dust -- which erupted from the star hundreds of years ago -- obscures the supernova within. This event in a distant galaxy hints at one possible future for the brightest star system in our own Milky Way.

  • Mars' moons Phobos (large moon) and Deimos, released Dec. 11

    Mars' two moons have been photographed in the same frame for the first time. The European Space Agency's Mars Express orbiter snapped this image, which was released Dec. 11, 2009. The larger moon is Phobos. The much smaller one is Deimos.

  • Central Milky Way Galaxy; image released on Nov. 10, 2009

    This is one of the most detailed images to date of the heart of the Milky Way. The galaxy's center is within the white spot near the right edge of the photo. NASA released the image Nov. 10 to mark the 400th anniversary of the telescope. It is a composite of images from three observatories: the Hubble and Spitzer space telescopes and the Chandra X-ray Observatory.

  • NGC 2623, the result of a galactic collision, added Oct. 13

    This Hubble Space Telescope image shows an object known as both NGC 2623 and Arp 243, which was formed by a collision of two galaxies. The galaxies' cores have merged into one; the tails streaming from the object are full of young stars. NGC 2623 is about 250 million light-years away in the constellation of Cancer.

  • Barnard's Galaxy, added Oct. 15, 2009

    This portrait of Barnard's Galaxy, one of the Milky Way's closest neighbors, was taken by a telescope at the European Southern Observatory in La Silla, Chile. The red features in the photo are nebulae where new stars are being born. The galaxy has about 10 million stars; the Milky Way has an estimated 400 billion.

  • Saturn during equinox in August 2009

    The Cassini spacecraft became the first to photograph an equinox on Saturn, a 15-year event that took place Aug. 11. This photo is a composite of images that Cassini shot over eight hours. New equinox images of the planet show strange formations in its rings and suggest that in some places, the rings are much thicker than expected.

  • Shadows in Saturn's A ring, August 2009

    Clumps of debris cast shadows that are visible in the middle of this image of Saturn's A ring. The shadows suggest that the clumps are about 2,000 feet tall. Scientists have believed for years that the rings were about 30 feet thick, but based on the new images, scientists now think that they're more than 2 miles deep in some spots. "Isn't that the most outrageous thing you could imagine? It truly is like something out of science fiction," said Carolyn Porco, leader of the Cassini imaging team.

  • Jupiter's Scar, July 25, 2009

    A new photo released in July from the Hubble Space Telescope is the clearest yet of what astronomers are calling a scar on the surface of Jupiter. An object, possibly a comet, struck the planet recently, creating the strange dark patch. It happened on the 15th anniversary of another comet strike.

  • Kohoutek 4-55 nebula, photographed May 4, 2009

    This planetary nebula, named Kohoutek 4-55, was photographed May 4 by the Hubble Space Telescope's Wide Field Planetary Camera 2. The nebula, dubbed a "giant eye," contains the outer layers of a red giant star that died. The camera, which is the size of a baby grand piano, has captured several memorable images since it was installed in 1993.

  • Black hole light show, added April 14

    In this sequence of photos released in April, a jet of gas spews from a massive black hole in the center of the M87 galaxy. The gas fades and brightens, with a peak that even outshines the galaxy's core. The outburst is coming from a blob of matter, dubbed HST-1, and scientists are so far at a loss to explain its weird behavior.

  • Galaxy Triplet ARP 274, Added April 6

    This photo was snapped by the Hubble Space Telescope after winning a public competition to determine what the next space portrait should be. It shows Arp 274, a system of three galaxies -- two larger ones on the right, and a smaller and less intact one on the far left.

  • Red Rectangle nebula added Feb. 10, 2009

    Our solar system is in the middle of a cosmic dust storm, and some astronomers said they've zeroed in on the possible source: the Red Rectangle nebula, which is 2,300 light-years away in the constellation Monoceros. A double star system there is spewing the dust, according to findings announced in February.

  • Galactic collision, Oct. 30, 2008

    After transmission problems on the Hubble Telescope weren fixed, NASA in October 2008 provided this undated photograph showing the aftermath of galaxies colliding. In the pair known as Arp 147, a reddish-colored galaxy has passed through an O-shaped galaxy glowing blue.

  • Mercury Volcanoes

    Photographs taken of Mercury by the spacecraft Messenger in January 2008 were analyzed in the journal Science seven months later. Images like the one above show that volcanic activity played a part in forming plains on the planet.

  • The Helix nebula

    Feel like you are being watched? This infrared image from NASA's Spitzer Space Telescope shows the Helix nebula, a cosmic starlet notable for its vivid colors and eerie resemblance to a giant eye.

  • A death star galaxy

    Even galaxies get bullied. Here, a so-called "death star galaxy" blasts a nearby galaxy with a jet of energy. Scientists said that if this happened in the Milky Way, it would likely destroy all life on Earth.

  • Crab Nebula

    In 2005, NASA's Hubble Telescope captured this image of the Crab Nebula, a six-light-year-wide expanding remnant of a star's supernova explosion. Japanese and Chinese astronomers witnessed this violent event in 1054.

  • Two Satellites given to NASA

    US National Reconnaissance Office unexpectedly transferred control of two Hubble-quality satellites to NASA in June of 2012.

  • Apollo 17 at Shorty Crater

    Astronauts Eugene Cernan and Harrison Schmitt roam the Moon's surface in December 1972.

  • The Great Galaxy in Andromeda, M31

    <a href="http://www.huffingtonpost.com/social/Elder_One"><img style="float:left;padding-right:6px !important;" src="http://s.huffpost.com/images/profile/user_placeholder.gif" /></a><a href="http://www.huffingtonpost.com/social/Elder_One">Elder One</a>:<br />Taken with 10" Newtonian in central BC, Canada

  • Accretion Disk Showing Rotations

    <a href="http://www.huffingtonpost.com/social/Elyas_Fraenkel_Isaacs"><img style="float:left;padding-right:6px !important;" src="http://graph.facebook.com/100000506109606/picture?type=square" /></a><a href="http://www.huffingtonpost.com/social/Elyas_Fraenkel_Isaacs">Elyas Fraenkel Isaacs</a>:<br />Gravitational density causes rotation. The resultant forces create matter streams which eventually coalesce to stellar bodies.

  • Venusian Transit, 6-5-12, Sunset

    <a href="http://www.huffingtonpost.com/social/sw33tman"><img style="float:left;padding-right:6px !important;" src="http://images.huffingtonpost.com/aol_profile_img/1698758.png" /></a><a href="http://www.huffingtonpost.com/social/sw33tman">sw33tman</a>:<br />Photo by Marty Swinney. 800mm (35mm equivalent 400mm), 1/6000 @ f22

 

'Chem-StationさんをTwitterでフォローする: www.twitter.com/@chemstation

HuffPost Japan をフォローする