Share...
22 Feb 2014 02:12

事件ノバルティスファーマ元社員 営業幹部が大学側に紹介 地検、慈恵医大も捜索2014.2.21 09:02

  • [PR]

事件

  • メッセ
  • 印刷

ノバルティスファーマ元社員 営業幹部が大学側に紹介 地検、慈恵医大も捜索

2014.2.21 09:02

 製薬会社ノバルティスファーマが販売する降圧剤「ディオバン」の臨床研究データ操作事件で、同社の営業担当幹部が、データ解析に関与したノ社の元社員を京都府立医大や東京慈恵会医大の教授らに紹介していたことが20日、関係者への取材で分かった。元社員が関与した研究論文では実験データが操作されていたことが既に判明。東京地検特捜部は、ノ社がディオバンの販売促進のため、組織的に研究に関与しようとしていたとみて捜査する方針。

 特捜部は同日、薬事法違反(誇大広告)容疑で、東京慈恵会医大(東京都港区)を家宅捜索。押収した資料を分析し、立件の可否を検討する。

 関係者によると、ディオバンの臨床研究は、東京慈恵会医大で平成14年1月、京都府立医大で16年1月から始まり、ノ社元社員は初期段階から参加していた。

 元社員は当時ノ社の営業部門に所属していたが、両大学の研究責任者らは、ノ社の営業担当幹部から「統計の専門家」として紹介されたという。

 元社員は研究データの解析に必要な統計学を学んだことはなかったが、厚生労働省の調査に「医師から統計解析についての相談を受けるなかで知識を身に付けた」と説明している。

 元社員は14年4月に無給の非常勤講師として大阪市立大学にも採用されていた。厚労省の調査に対し、東京慈恵会医大、京都府立医大の元教授らは元社員にデータ解析を依頼した理由を「(学内に)統計解析の経験者がいなかった」などと説明しており、元社員については「当初は大阪市立大の非常勤講師と認識していた」と述べていた。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital