Share...
22 Feb 2014 02:15

事件降圧剤データ操作、ノバルティス社を強制捜査 東京地検、誇大広告容疑2014.2.19 15:35

  • [PR]

事件

  • メッセ
  • 印刷

降圧剤データ操作、ノバルティス社を強制捜査 東京地検、誇大広告容疑

2014.2.19 15:35
東京地検の家宅捜索が入り製薬大手のノバルティスファーマ本社前には報道陣が詰めかけた=19日午後、東京都港区西麻布(宮崎裕士撮影)

東京地検の家宅捜索が入り製薬大手のノバルティスファーマ本社前には報道陣が詰めかけた=19日午後、東京都港区西麻布(宮崎裕士撮影)

 製薬会社ノバルティスファーマが販売する降圧剤「ディオバン」(バルサルタン)の臨床研究データ操作問題で、東京地検特捜部は19日、薬事法違反(誇大広告)容疑で、同社など関係先を家宅捜索した。真相解明のためには強制捜査が不可欠と判断したもようで、押収した資料を分析し、データ操作に関与した人物の特定を進める方針。

 関係者によると、ノ社は「ディオバンは血圧を下げる効果に加え、脳卒中などを防ぐ効果が高い」とする東京慈恵会医大や京都府立医大の臨床研究論文を引用し、平成23~24年にかけて医師向けの広告やパンフレットでディオバンを誇大に宣伝した疑いが持たれている。

 2大学にはノ社の元社員が身分を隠してデータ解析などに加わっており、論文に使われたデータは人為的に操作されていたことが判明している。

 厚生労働省は1月9日、同法違反罪でノ社と同社の宣伝担当社員を容疑者不詳のまま特捜部に刑事告発した。個人の容疑者名は不詳とした。

 厚労省はこれまでにノ社側から段ボール約20箱分の資料提供を受け、100人以上の関係者から説明を受けてきた。特捜部は厚労省からの情報提供も踏まえ、強制捜査でさらなる資料を押収し、実態解明を進める方針だ。

 薬事法は医薬品などで誇大な広告を出すことを禁じており、違反すると2年以下の懲役か200万円以下の罰金が科される。

このニュースの写真

ノバルティスファーマ社が入るビル=1月、東京・西麻布
東京地検の家宅捜索が入った製薬大手のノバルティスファーマ本社=19日午後、東京都港区西麻布(宮崎裕士撮影)

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital