Share...
03 Feb 2014 18:54

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第19講  憲法9条 芦田修正が行われた理由 西修先生+(2/3ページ)(2013.11.9 07:38

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第19講  憲法9条 芦田修正が行われた理由 西修先生

2013.11.9 07:38 (2/3ページ)
自衛隊を「戦力」でなく、「自衛力」と説明。芦田修正を踏まえた解釈をしてこなかった

自衛隊を「戦力」でなく、「自衛力」と説明。芦田修正を踏まえた解釈をしてこなかった

 2項に「前項の目的を達するため」が加えられたということは、侵略行為をしないという目的のために戦力を保持しないこととなり、逆に言うと、自衛という目的のためであれば、戦力を保持することは可能であるという解釈が導き出されることになります。

 この修正案が持ち出され、成立したのが芦田均氏を委員長とする小委員会だったことから、芦田修正といわれているのです。芦田氏は、昭和32(1957)年12月5日、内閣に設けられた憲法調査会で、以下のように証言しています。

 ◆自衛の戦力保持可能

 「私は一つの含蓄をもってこの修正を提案したのであります。『前項の目的を達するため』を挿入することによって原案では無条件に戦力を保持しないとあったものが一定の条件の下に武力を持たないということになります。日本は無条件に武力を捨てるのではないということは明白であります。そうするとこの修正によって原案は本質的に影響されるのであって、したがって、この修正があっても第9条の内容には変化がないという議論は明らかに誤りであります」

このニュースの写真

日本国憲法の問題点がひとめでわかる『国民の憲法』(産経新聞出版、税込み1260円)が好評発売中

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital