Share...
25 Aug 2014 06:42

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第60講 皇室問題の抜本的解決は男系子孫による新宮家創設を 百地章先生+(1/3ページ)(2014.8.23 13:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第60講 皇室問題の抜本的解決は男系子孫による新宮家創設を 百地章先生

2014.8.23 13:00 (1/3ページ)
旧皇族について知っておきましょう

旧皇族について知っておきましょう

 現在の皇室問題を抜本的に解決するためには、占領下においてGHQ(連合国最高司令部)の圧力のもと、やむをえず臣籍降下した旧11宮家の男系子孫の中から、ふさわしい方々に新宮家を創設していただくしかありません。

 ◆男系による「皇位世襲」

 初代神武天皇より、皇位は「男系」によって継承されてきました。これは建国以来の「不文の憲法」に基づくものです。これを明文化したのが、明治憲法2条の「皇位ハ…皇男子孫之ヲ継承ス」でした。

 日本国憲法では「皇位の世襲」を定めるだけですが(2条)、皇室典範1条は「皇位は、皇統に属する男系男子が、これを継承する」と規定しています。そして憲法にいう「皇位の継承」は男系というのが憲法制定者たちの立法意思であり、歴代内閣も「男系」重視の解釈を積み重ねてきました。安倍晋三首相も「男系継承が、古来、例外なく維持されてきたことの重みを踏まえる」と明言しています(平成25年1月30日)。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital