Share...
03 Feb 2014 19:14

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第28講 八木秀次先生+(3/3ページ)(2014.1.11 11:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第28講 八木秀次先生

2014.1.11 11:00 (3/3ページ)
他の国の憲法には「国防の義務」「兵役の義務」が規定されています

他の国の憲法には「国防の義務」「兵役の義務」が規定されています

 「自分で守る」なし

 しかし、日本国憲法にはこの「自分の国は自分で守る」という「国防の義務」の規定がありません。これは憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」という部分や、陸海空軍その他の戦力の不保持、交戦権の否認を規定した9条2項とも関係があります。国民国家の「国民」としての当然の義務である国防を他人任せにし、当事者意識を持たせていないということです。これは近代国家の憲法として異例なことです。

 国防の義務は徴兵制とイコールではありません。各国は戦争がハイテク戦争になるに連れて徴兵制から精鋭の志願兵制に移行しています。しかし、国防の義務の規定は堅持しています。

【プロフィル】八木秀次 やぎ・ひでつぐ 高崎経済大学教授。早稲田大学法学部卒、同大学院政治学研究科博士課程中退。専門は憲法学、思想史。政府の教育再生実行会議委員、フジテレビ番組審議委員、日本教育再生機構理事長。著書は『国民の思想』(産経新聞社)、『憲法改正がなぜ必要か』(PHPパブリッシング)など多数。51歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital