Share...
25 Feb 2014 02:34
携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20140225_242867.html?PAGE=2

注目のビジュアル

綾小路翔、前山田健一らが激賞する町あかり

おいしそう!(「ぷに子」代表・佐山彩香ちゃん)

法科学鑑定研究所内の鑑定ラボの様子

森内俊之竜王・名人(43歳)

つば九郎が宮本慎也氏引退について語る

カードを動かすと表情が変わるポストカード

舛添都知事をお出迎えしたプラカード

長野朝日放送の楠原由祐子アナ

九州朝日放送の元女子アナが決意のグラビア

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ビジネス

小保方晴子さんの「STAP細胞論文捏造疑惑」 アンチ勢力の陰

2014.02.25 11:00

 世界有数の製薬会社『ノバルティスファーマ』(以下、ノバルティス)が販売していた降圧剤は、複数の大学医学部の論文結果を用いて「脳卒中や狭心症にも効果がある」と謳っていたのだが、それが虚偽だった。ノバルティスに都合のいい研究結果をデッチ上げた研究室には、ノバルティスから累計11億円あまりの金銭的支援が流れ込んでいた。

「そのような状況なので、とくに医学部系の論文は怪しい目で見られている。そんな彼らにとって、小保方さんの“疑惑”は好材料だったんでしょう。“論文の捏造は医学部系だけではない”と意趣返しのように小保方批判に火をつけている人たちがいるのではないか」(前出の医療関係者)

 いま、再生医療分野においては、医薬品や新技術の土台となる論文は「カネに直結する」といわれている。アベノミクスの成長戦略の中核に医療があるが、その中で最注目されているのが再生医療なのだ。

 政府は2013年度から10年間で、再生医療に対し約1100億円もの支援を決めている。今、この支援金を巡って、各研究機関で争奪戦が行なわれているという。

「早速、2014年度、iPS細胞研究に政府から150億円の支援が下りることが決まっています。そのほとんどが山中伸弥教授のいる京大の研究所に払われる。再生医療で結果を出せば、莫大な研究費が入るわけです。もし、STAP細胞が認められれば、理研や小保方さんグループに大量の研究費が投入されることになり、その分他の研究機関に回らなくなる。それを阻止する動きがあってもおかしくない」(同前)

 小保方さんの論文にケチがつくことによって得をする勢力があるとしたら、実に生臭い話である。

※週刊ポスト2014年3月7日号

前のページへ

人気ランキング

1.
韓国が教科書に載せないベトナム戦争時の虐殺と売春ビジネス
2.
長澤まさみ 胸をわしづかみされ、水口移しのエロエロキスも
3.
高橋大輔 仲間に見守られながら浅田真央をぎゅっとハグ
4.
菊池桃子 障がいの後遺症持つ長女の受験奮闘記を報告する
5.
金メダリスト羽生に便乗しSNS炎上 ポストキム・ヨナの悪評
6.
長澤まさみがジョン・ウー監督の最新作で脱いだとの驚愕情報
7.
英の韓国人留学生 太陽昇る寿司店ロゴに文句つけ韓国で喝采
8.
ソチの松岡修造 カメラが止まると目が完全に死んでいる説
9.
安藤美姫 アツい松岡らアク強すぎ周囲に苦戦の解説デビュー
10.
朝日新聞「売れるから嫌中憎韓」記事に『Voice』編集長疑問

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

ようこそ、わが家へ

小学館創業90周年記念企画 ウチノヨメ。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。