Share...
21 Nov 2014 11:42

産経ニュース

【中高生のための国民の憲法講座】第70講 浜谷英博先生 国際法と憲法の関係を考える

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【中高生のための国民の憲法講座】
第70講 浜谷英博先生 国際法と憲法の関係を考える

国際法の典型である条約と、憲法や国内法との関係について考えてみましょう

 この他にも条約を、憲法の基本原理とそれ以外の規定の中間に位置付ける説や「日本国が締結した条約」と「確立された国際法規」とに区別して後者を憲法より優位させる説などがあります。

 ちなみに産経新聞の「国民の憲法」要綱111条では現在の通説である憲法の優位性が明記され、かつ15条で「国が締結した条約と確立された国際法規に従って、国際紛争の解決に努める」こととしています。

                   

【プロフィル】浜谷英博

 はまや・ひでひろ 三重中京大学名誉教授。専門は憲法、防衛法。国士舘大学教授、三重中京大学(旧松阪大学)教授など歴任。防衛法学会副理事長などを務める。著書に『米国戦争権限法の研究-日米安全保障体制への影響』(成文堂)『要説 国民保護法』(内外出版)など。65歳。

関連ニュース

【中高生のための国民の憲法講座】第69講 西修先生  憲法に必要な「地方創生」の視点

「ライフ」のランキング