Share...
14 Mar 2014 04:37
時事ドットコム:博士論文、他にも流用か=企業HPと画像酷似、STAP小保方氏
ホーム社会 > 指定記事

アクセスランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天SocialNewsに投稿!

博士論文、他にも流用か=企業HPと画像酷似、STAP小保方氏

肝細胞培養キットの画像(左、コスモ・バイオ提供)と、小保方晴子氏の博士論文に載っている画像(右、国立国会図書館所蔵)。左の四角で囲った部分が似ている

 新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を発表した理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが3年前、早稲田大に提出した博士論文の画像が、バイオ企業のホームページ(HP)の画像と酷似していることが13日分かった。博士論文の別の画像は、STAP細胞がさまざまな細胞に変わる能力を持つことを示す証拠として発表論文に流用された疑いが指摘されている。


論文不正の認定焦点=理研、14日に中間報告


 今回流用の疑いが浮上したのは、骨髄に由来するマウスの細胞が神経や筋肉、肝臓の細胞になったとする実験結果の画像。肝細胞の画像が、コスモ・バイオ(東京都)がHPで紹介している製品「肝細胞培養キット」の画像と酷似していた。
 博士論文の審査員には、STAP細胞論文の共著者で米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授らが含まれていた。博士論文では他にも、米国立衛生研究所(NIH)の文書と一部が酷似していたほか、参考文献のリストと本文が一致しないなど問題点が多く指摘されており、早大が調査を進めている。(2014/03/13-20:20)


関連ニュース

社会


▲このページのトップへ