Share...
15 Mar 2014 09:17

科学【STAP論文】「インパクト感じリーダー採用」 理研のチェック機能に限界+(2/3ページ)(2014.3.15 10:00

  • [PR]

科学

  • メッセ
  • 印刷

【STAP論文】
「インパクト感じリーダー採用」 理研のチェック機能に限界

2014.3.15 10:00 (2/3ページ)科学
STAP論文に掲載されたDNAの分析結果を示す実験の写真。中央の列と左右の列の間に境界線があり、切り張りした痕跡が見える (ネイチャー誌提供、画像の明るさを変更)

STAP論文に掲載されたDNAの分析結果を示す実験の写真。中央の列と左右の列の間に境界線があり、切り張りした痕跡が見える (ネイチャー誌提供、画像の明るさを変更)

 論文作成には小保方氏のほか、実績のある幹部研究者も参加していた。野依良治理事長は「故意でなくても責任は非常に重い。これから研究者としてどう活動していくか表明しなくてはいけない」と指摘した。

 小保方氏は3年前の早稲田大の博士論文でも、大量の無断引用が疑われており、研究リーダーとして採用した理研のチェック機能のもろさも出た形だ。

 理研幹部は「STAP細胞のインパクトを感じ採用したが、過去の調査が不十分だったと感じている」と釈明した。

 一方、科学誌に論文が掲載されるには、専門家による正当性のチェック(査読)を通過する必要がある。しかし、今回の調査対象になっている画像の流用や加工などの疑惑は、掲載前に検出するのは難しい。

 査読経験がある日本分子生物学会研究倫理委員の岡田清孝自然科学研究機構理事(植物分子遺伝学)は「査読は基本的に、不正なデータがない前提で行う」と話す。

このニュースの写真

STAP細胞論文をめぐる動き

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital