Share...
17 Mar 2014 17:08
STAP細胞の存在 理研が独自に調査へ NHKニュース
トップページ社会ニュース一覧STAP細胞の存在 理研が独自に調査へ
ニュース詳細

STAP細胞の存在 理研が独自に調査へ
3月17日 20時07分

STAP細胞の存在 理研が独自に調査へ
K10030436111_1403172202_1403172222.mp4

STAP細胞を巡る問題で、神戸市の理化学研究所は、論文に書かれたようにSTAP細胞が存在するのか、外部の専門家も入れた独自の委員会を設置して、調査を始めることを明らかにしました。
すでに小保方さんの研究室は関係者の出入りが禁止されていて、今後、保存されている細胞などを詳しく調べるとしています。

STAP細胞の問題を巡っては、埼玉県和光市にある理化学研究所の本部が、調査委員会を設置し調べていますが、論文のデータに改ざんなどの不正があったのかどうかが焦点で、STAP細胞が存在するのかどうかについての科学的な調査は行われていません。
これについて、小保方晴子研究ユニットリーダーや笹井芳樹副センター長など、論文の主要な著者が所属する神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターは、外部の専門家も入れた独自の委員会を設け、論文に書かれたようにSTAP細胞が存在するのかどうか、調査を始めることを明らかにしました。
すでに小保方さんの研究室については、関係者の出入りを禁止する措置が取られていて、委員会では、保存している細胞や実験の資料を基に、問題の論文が世界的な科学雑誌に投稿されるに至った過程などについても調べるとしています。これについて、竹市雅俊センター長は「なぜこのような問題が起きたのか、みずから明らかにして組織として襟を正す必要がある。本部の調査委員会とも連携して調査を進めたい」と話しています。

[関連ニュース]
k10013043611000.html

[関連ニュース]

  自動検索

ネイチャー誌 独自調査で論文撤回も (3月17日 17時37分)

STAP細胞問題 「不正」判断は先送り (3月15日 4時27分)

STAP細胞 理研が論文取り下げ検討を表明 (3月14日 14時32分)

STAP細胞 小保方さんら論文取り下げへ (3月14日 12時06分)

「STAP細胞」理研が中間報告へ (3月14日 4時58分)

このページの先頭へ