Share...
13 Aug 2013 05:36
 

TOSSランド

コンテンツ登録数
(2013/08/13 現在)

13615
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSアプリランド デジタル・トークライン TOSS-SNS
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

TOSSランドNo: 6126424

脳の話


発問1:

いじわる・悪口をしてはいけないと思う人。 (挙手で確認)             

大多数が賛成することが考えられる。

発問2:

どうしていじめたり、悪口を言ってはいけないのですか。               

相手の心が傷つくから

説明1:

では、相手の心が傷つくとはどういうことなのでしょうか。今日は、脳の話から考えます。

ヘビの脳の画面を出す。

説明2:

人間の脳の一番根っこの部分には、ヘビの脳と呼ばれる部分があります。ヘビなどの爬虫類はこの部分しかありません。この部分は、食べる、呼吸をする、排泄をするなど、生きていく上で大切なことを指示する脳です。

説明3:

(猫の脳の部分を提示)その上に、ネコの脳と呼ばれる部分があります。ここは、喜んだり、怒ったり、悲しんだりといった感情を出す脳です。

説明4:

(ヒトの脳の部分を提示)さらに上に、ヒトの脳があります。ここは、覚えたり、考えたり、話したりする部分です。

発問3:

悪口を言われたり、いじわるされたりすると、これら3つのうち、ある部分がダメージを受けます。どこだと思いますか。

説明5:

ヘビの脳です。悪口やいじわるをされ、ダメージを受けると、ヘビの脳は、その働きが弱くなります。食べよう、呼吸をしようとする力が弱くなります。

説明6:

ヘビの脳の働きが弱くなるということは、その上にあるネコの脳、ヒトの脳の働きも弱くなります。悪口を言う、いじわるをするということは、その人の生きる気力を奪っていることと同じなのです。

ヘビの脳から順番に画像を消し、最後に生きる気力がなくなるという文字が出てくる。

発問4:

悪口、いじわるをすると相手がどうなるのか分かりました。では、悪口を言う側はどうなのでしょうか。

説明7:

悪口を言ったり、いじわるをするとある薬が出ます。ノルアドレナリンです。

発問5:

ノルアドレナリンには、毒があります。その強さはどれくらいでしょうか。次のどれかに手を挙げます。

①自然界で一番強い毒ヘビの次
②ミツバチのはりと同じくらい
③蚊にさされたのと同じくらい

説明8:

正解は①です。これだけ強い毒が、悪口やいじわるの度に、少ない量ながら出ているのです。

説明9:

当然、体に影響が出ます。病気になったり、早死にするといいます。       

発問6:

では、いいこと、人の役に立つことをすると脳はどうなるのでしょうか。      

説明10:

いいことや、人の役に立つことをすると、脳はエンドルフィンという薬を出します。この薬には、「あなたはとても大切な人なんだよ!」「生きていていいんだよ!」というメッセージがあります。ですから、このエンドルフィンがでれば、元気で、健康的な生活ができるのです。

説明11:

ここまで、いじわるや、悪口が相手に与える影響と、言う側に与える影響を見てきました。

指示1:

今日の授業で学んだこと、感想を書きなさい。                 

人の悪口をいったらどんどん友だちがいなくなって、言った方も悲しい気持ちになるんだなと思った。それから自分が やっちゃったら自分もやな気持ちになるし、やられた方も一番傷つくことが起きるんじゃないかって思った。

上記の授業の中で脳の機能について簡略化して話をしている部分もあるのでアドレナリンやノルアドレナリンも生きていく上では必要であることを授業の最後に付け加えておく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

New TOSSランド