Share...
22 Feb 2014 02:17

最終更新: 2014/02/22 10:59

FNN各局フジテレビスーパーニュースニュースJAPANスピークスーパーニュース WEEKEND新報道2001

RSS

ノバルティス論文問題 臨床研究行った東京慈恵医大にも家宅捜索

高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究をめぐる論文不正問題で、東京地検特捜部は、不正なデータの改ざんが発覚した大学へ家宅捜索を行っている。
この問題は、高血圧治療薬「ディオバン」を販売するノバルティスファーマの元社員が臨床研究に関わったほか、臨床データが操作されていたもの。
19日にノバルティス社への家宅捜索に乗り出した特捜部は、20日、臨床研究を行った東京慈恵会医科大学を捜索している。
厚労省によると、ノバルティス社の元社員は、研究データの解析を委託する企業を大学側に紹介していたという。

(02/20 14:48)


[ high / low ]

「社会」の最新記事

最新記事

Facebook最新フィード

Today's Question

相次ぐ大雪を受けて、身の回りの備えを見直しましたか?

はい
いいえ
どちらでもない

送信

結果をみる

投稿する

記事に対する意見・ご感想や情報提供はこちらから

映像の投稿はビデオPostから

Windows Media Player」または「Flash Player」をインストールして、動画をご覧ください。

JASRAC許諾番号
6700101198Y45039