Share...
09 May 2014 15:30

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第44講 長尾一紘先生  「国家」の影の薄い憲法+(2/3ページ)(2014.5.3 12:41

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第44講 長尾一紘先生  「国家」の影の薄い憲法

2014.5.3 12:41 (2/3ページ)
「改憲派」と「護憲派」の違いについて考えてみましょう

「改憲派」と「護憲派」の違いについて考えてみましょう

 日本国憲法には、国防、緊急事態、天皇の位置づけなどについて、不備がみられます。改憲派は、このような不備を是正しようとしています。西欧には、イギリス、オランダ、スウェーデンなど、民主的な立憲君主国家が少なくありません。改憲派がめざしているのは、日本をこのような「普通の国」にすることです。

 「護憲派」とは、このような「改憲派」の構想に反対するグループのことをいいます。護憲派もまた、独自の憲法構想をもつ例が少なくありません。ただ、改憲派の構想とは内容が異なるため、改憲派の路線における改憲に反対しているのです。

「孤独で不幸な憲法」

 民主党は、独自の改憲の構想をもっており、これを公表していますが、改憲派のそれとは方向を異にしているので、護憲派とみなされています。

 日本国憲法は、その成立の事情から、極端に「国家」の影の薄い憲法です。改憲派は、このような欠点を是正しようとしていますが、民主党の憲法構想は、日本の国家権力をさらに弱める方向をとっています。

 民主党は、東アジアにEUのような国際機構をつくって、日本の国家主権の一部をこれに移譲することを改憲の目標にしています。この国際機構が「東アジア共同体」です。この共同体は、日本のほか、中国、韓国などを構成国とするものです。共同体において、構成国相互における人々の自由な移動、共通通貨の発行などが予定されていますが、最終的には「政治統合」を果たすものとされています。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital