Share...
29 Jul 2014 11:03

【コラム】日帝強占期に韓国の宝を死守した澗松の後継者を探せ(1)

【コラム】日帝強占期に韓国の宝を死守した澗松の後継者を探せ(1)

2014年07月29日13時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
  骨董は、お金と権力に従うという意味で妓生(キーセン、芸者)と同じだという昔話がある。文化財級の古美術品が主に金持ちと権力者の周辺に流れていた事実を遠回しに言った話だ。韓国文化財5000年の苦難の経歴は、お金もうけと力自慢にとどまらなかった。外勢侵略と日帝強制占領、朝鮮戦争という歴史的激変を体験して、か弱いその命を保存するのにありったけの力を込めなければならなかった。

  5月に日本から韓国に戻って今月15日に国立中央博物館で初公開された高麗の螺鈿経箱は、そうやって生き残った名品中の1点だ。900年余りの歳月をかけて帰郷した経箱は、惜しいことに日本の所有者が急いで補修したために、経を保管していた箱の全面に装飾された牡丹唐草文や連珠文など繊細な模様がすり切れて漆に覆われてしまった状態なのが残念だった。それでも国が大変な時にその危機を信仰の力で克服しようとした高麗の国の品格が光輝くような逸品だった。今、私たちに数百年を飛び越える、あのような光があるのかと胸がときめいた。国家が憂いと災難に陥った時に国民を1つの心にしたあの気勢が、文化の力ではないかと思った。

  文化財の還収は、このように私たち自らを振り返る鏡になる。なぜそのように大切な先祖の遺産を、略奪されたり紛失したり傷つけたりしたのか、反省する機会になるからだ。高価な取り引きは、文化の質を担保する自負心にもなる。その指標が民族文化の評価の象徴と解釈されるからだ。時に文化財や美術品をめぐる紛争が政治的な色彩を帯びることになる理由だ。

  今年初め、韓国の古美術界は悔しいニュースを1つ聞いた。世界の2大オークション企業の1つクリスティが春秋2回ニューヨークで開く「日本&韓国古美術品オークション」から韓国のものを除くことに決めたということだ。クリスティは今後、日本の作品を中心に公式オークションだけを開いて韓国の古美術はオンラインと個人の問い合わせだけ行うと明らかにした。日増しに取引量が増えて競売が過熱している中国美術品と比べると韓国美術品は冷や飯を食わされ疎外された境遇だ。

【コラム】日帝強占期に韓国の宝を死守した澗松の後継者を探せ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事