Share...
01 Mar 2014 12:32

社会・文化

STAP細胞「狂騒曲」の深層理研の「悪意」とメディアの「バカ騒ぎ」

 京都大学・PS細胞研究所の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したのは一昨年のこと。今年一月末、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)の研究成果が発表されると「すわ二人目のノーベル賞か」という報道が溢れかえった。その後、追試の失敗や、論文に使用された画像の使い回し疑惑が浮上しているが、現時点でその結論は出ていない。

 今回の「騒動」では、STAP細胞の成否とは別に、理化学研究所の姿勢に重大な疑問が呈されている。また、欧米研究者や『ネイチャー』に代表される有名科学誌を妄信する日本のメディアや日本人の滑稽さも浮き彫りになった。


iPSとの比較に「悪意」


「理研はこれといった研究成果を出しておらず焦っていた」
 関東の大学研究機関でiPS細胞の研究をする医学部教授は、今回のSTAP細胞騒動をみてこう語る。理研は言わずと知れた最先端研究機関の・・・
続きを読むにはご購読申込が必要です

記事全文はMYページにログインすることで閲覧できます(※最新号の全文閲覧は当月5日頃からとなります。)

ID(購読者番号)とパスワードを入力し、ログインしてください。年間購読をご契約いただいた方はすべての記事を読むことができます。また、過去記事の全文検索も可能です。 パスワードをお持ちでない購読者の方はこちらから発行手続きをしてください。

(ハイフンを抜いた12桁の半角数字)
(4桁の半角数字)
※最新号の全文閲覧は当月5日頃からとなります。
※新規お申込みを頂いた直後のお客様は、
記事検索登録までに5~7日お時間を要する
場合がございます。
  • パスワード発行手続きはこちら
  • パスワードを忘れた方はこちら
  • 購読のお申し込みはこちら
PAGE TOP