Share...
09 Oct 2014 15:49

産経ニュース

河野談話意見書案取り下げ 自民会派「同一歩調取れぬ」 山形

地方 地方

記事詳細

更新


河野談話意見書案取り下げ 自民会派「同一歩調取れぬ」 山形

 慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しなどを求める意見書についての請願が、県議会9月定例会の総務常任委員会で採択されたことに関し、賛成した自民党議員らが提出していた意見書案が最終日の8日、取り下げられた。自民党会派の議員総会で同一歩調が取れないとの結論に達したため。内容を検討したうえで12月定例会に提出する方針。

 この日開かれた自民党の議員総会では、常任委員会で採択された以上、意見書案を本会議で採決すべきだとの意見が出る一方で、韓国との首脳会談が11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)や東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日韓中)などを機に開かれる可能性があるこの時期に、意見書は出すべきではないなどとして反対する意見も出され、統一した行動が取れないとの結論に達した。

 これを受け、賛成の議員が議長に提出していた意見書案を取り下げた。請願そのものは、この日の本会議で賛成多数で可決された。

 野川政文幹事長は「意見書はさらに議論を深めたうえで、12月定例会に提出する方向」とした。