Share...
04 Mar 2014 21:07

STAP細胞 脊髄損傷のサル治療で実験中

STAP細胞 脊髄損傷のサル治療で実験中

最新ニュース

STAP細胞 脊髄損傷のサル治療で実験中

< 2014年1月31日 12:35 >


 新たな万能細胞・STAP細胞の作製に成功した理化学研究所の小保方晴子さんと共同研究を行っていたアメリカ・ハーバード大学のチームが、STAP細胞を使ってサルを治療する実験を進めていることが分かった。

 2008年から小保方さんとともに研究を行ってきたハーバード大学の幹細胞研究の権威・バカンティ教授のチームは、STAP細胞を使って脊髄(せきずい)を損傷したサルを治療する実験を進めていることを明らかにした。

 ハーバード大学医学部・小島宏司准教授「足が動かないサルにSTAP細胞を移植して、移植しないものと移植するもので(比べたら)良い結果が出た」

 人間の細胞を使った研究も進めているということだが、バカンティ教授はこうした研究は「小保方さんがいなければ、なしえなかった」と強調した。

 バカンティ教授「小保方さんはこれまでに会った中で、最も情熱を持って研究に打ちこむ科学者です。この20年間で最も優秀な学生です」

 今後、再生医療への応用を目指す動きが進みそうだ。

注目ワード
ハーバード大学 小島宏司准教授 小保方晴子 移植 幹細胞研究

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2014.01.29 23:54
iPS細胞より簡単に万能細胞作る方法発見
2013.08.26 22:32
“iPS細胞”実現 専門家がシンポジウム
2013.07.19 15:16
iPS細胞の臨床研究、世界で初めて実施へ
2013.07.12 22:44
科学部会で承認 iPS細胞、ヒトに移植へ
2013.06.26 22:19
iPS細胞、世界初の臨床研究へ

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告