html { position: absolute; left: 0; top: 23px; width: 100%; } body { _margin: 0; } #peeep_toolbar, #peeep_toolbar div, #peeep_toolbar input, #peeep_toolbar form { display: block; overflow: hidden; margin: 0; padding: 0; text-align: left; zoom: 1; visibility: visible; line-height: 16px; width: auto; height: auto; } #peeep_toolbar, #peeep_toolbar div, #peeep_toolbar input, #peeep_toolbar a, #peeep_toolbar span { outline: 0; border: 0; color: #999; vertical-align: baseline; text-transform: none; white-space: normal; background: none; font: normal 12px Arial, sans-serif; } #peeep_toolbar .peeep_wrapper { padding: 3px 10px; border-bottom: 1px solid #cb5; overflow: hidden; zoom: 1; } #peeep_toolbar img { border: 0; } #peeep_toolbar a:link, #peeep_toolbar a:hover, #peeep_toolbar a:visited, #peeep_toolbar a:active, #peeep_toolbar a:focus { color: #00f; } #peeep_toolbar { position:fixed; z-index: 32768; left:0; top: 0px; width:100%; height: 23px; background: #ffc; } #peeep_toolbar .peeep_date { font-size: .8em; color: #cb5; margin: 2px 1em 0 0; float: left; } #peeep_toolbar.peeep_verified { background-color: #efd; } #peeep_toolbar.peeep_verified .peeep_wrapper { border-bottom: 1px solid #ab9; } #peeep_toolbar.peeep_verified .shares:hover, #peeep_toolbar.peeep_verified .shares.hover { background-color: #dfc; } #peeep_toolbar.peeep_verified .peeep_date { color: #6a4; } #peeep_toolbar .peeep_logo { float: left; margin-right: 1em; margin-bottom: -1em; } #peeep_toolbar .original_link { font-size: .9em; color: #999; height: 16px; overflow: hidden; } #peeep_toolbar .original_link a { color: #999; } #peeep_toolbar .original_link a:visited { color: #bbb; } #peeep_toolbar .shares { float: right; line-height: 10px;/*?see Chrome*/ margin: -3px 20px -6px 2em; padding: 3px 3px; } #peeep_toolbar .shares img { margin: 0; padding: 0; } #peeep_toolbar .shares .share { display: none; margin: 0 0 0 3px; } #peeep_toolbar .shares:hover, #peeep_toolbar .shares.hover { background: #eec; } #peeep_toolbar .shares:hover .grip, #peeep_toolbar .shares.hover .grip { display: none; } #peeep_toolbar .shares:hover .share, #peeep_toolbar .shares.hover .share { display: inline; }
Share...
25 Mar 2014 16:03
産経新聞"> STAP論文の「大罪」:科学界に拡大する「コピペ疑惑」の地獄 (2/3) - Business Media 誠
ニュース
» 2014年03月25日 06時00分 UPDATE

STAP論文の「大罪」:科学界に拡大する「コピペ疑惑」の地獄 (2/3)

[産経新聞]
産経新聞

 1月末、小保方氏らが英科学誌ネイチャーにSTAP論文を発表した際、新たな万能細胞の登場として世界的に注目を集めたが、この日の中間報告では、STAP細胞の万能性を示す画像4枚が、実験状況が異なる小保方氏の博士論文の画像と同一と認定された。DNAの分析結果を示す実験画像に切り張りした跡があることや、実験手法の記述が他の研究者の論文からの“盗用”だったなどとする疑問を含め、4項目については「悪質な不正があったかどうか」というポイントを中心に調査が継続される。

 ただ、竹市センター長は「完全に不適切。論文としての体をなしていない」と厳しく批判し、小保方氏らに論文の撤回を求めたことを明らかにした。この事態は、STAP細胞に関する研究成果が白紙に戻る可能性が高まったことを示していた。

4時間超の会見、「最大の衝撃」の瞬間

yd_sankei2.jpg さまざまな不自然な点が指摘されているSTAP細胞論文の筆頭著者である理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー。彼女の今後にも注目が集まっている(1月28日撮影)

 4時間を超えた理研の会見で、最大の衝撃が走ったのは、小保方氏が画像の切り張りについての聞き取りに対し、「やってはいけないこととの認識がありませんでした」と答えた、と調査委の石井俊輔委員長が説明した瞬間だった。

 石井委員長は「抵抗がなかったのか倫理観を学ぶ機会がなかったのか。コメントするのは適切ではない」と述べたが、幹細胞研究を行う関西の国立大の教授は「データをいじってはいけないことは、学部生でも徹底されている。それを認識していなかったという状況はありえない」と首をひねる。

 会見で、野依理事長らから「未熟な研究者」という厳しい指摘を受けた小保方氏。ただ、それゆえに論文を指導した小保方氏の上司である笹井芳樹CDB副センター長について、石井委員長は「論文作成は小保方さん、笹井さんの共同作業だった」と、長年の経験を積んだ指導者として、役割の重さを指摘した。

 疑問が出ている項目は、すべて小保方氏が画像を管理し、笹井氏の指導下で行われた研究に集中していることも明らかにされ、野依理事長は「(笹井氏の)責任は非常に重い。第一に反省してもらい、今後、どのような態度を取るか、研究者として表明してもらう」と、指導体制を含めた問題であると認識していることを示唆した。

copyright (c) 2014 Sankei Digital All rights reserved.

Facebookコメント

アクセスランキング