Share...
28 Mar 2014 11:01

科学【STAP細胞】早大が調査委設置 小保方氏の博士論文2014.3.28 18:01

  • [PR]

科学

  • メッセ
  • 印刷

【STAP細胞】
早大が調査委設置 小保方氏の博士論文

2014.3.28 18:01

 早稲田大学は28日、STAP細胞の研究の中心となった理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーの博士論文に複数の疑問点が指摘されている問題を受け、論文に不正があったかどうかを調べる調査委員会を31日付で設置すると発表した。

 博士論文の内容のほか、指導や審査の過程を検証する。小保方氏は、学内の教員に論文を取り下げる意向を示している。

 早大によると、調査委は学外3人、学内2人の計5人で構成。委員長は組織の法令順守に詳しい小林英明弁護士が務める。委員には生命科学の専門家も入れる。

 早大は2月中旬から調査していたが、内部調査に限界があるとして調査委設置を決めた。3カ月以内の報告を目指す。

 小保方氏の博士論文は、約20ページにわたり米国立衛生研究所のサイトとほぼ同じ記述があるなどの指摘がある。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital