Share...
13 Aug 2013 05:32
 

TOSSランド

コンテンツ登録数
(2013/08/13 現在)

13615
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSアプリランド デジタル・トークライン TOSS-SNS
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

TOSSランドNo: 5636477

道徳:陰徳を積もう!


発問1:

最近、ほめられたことは何ですか?

黒板に、ズラ~ッっと書いてもらいました。これだけで、壮観です。気持ちよくなります。

発問2:

誰にもほめられない、誰にも気づかれないけど、いいことをしたことはありますか?

   T君→畑のカラスを追い払った。
   S君→お店のおもちゃが飛んできたので、返した。
   ASさん→洗濯物をたたんだ。
   K君→弟にいろんなものをあげた。
   Mさん→机の整理をした。
   Yさん→木の葉をはいた。
 下のように説明しました。

説明1:

 「誰にもほめられない、誰にも気づかれないけど、いいことをすること」を「陰徳を積む」といいます。
 人にいいことをして(プラス)、ほめられたら(マイナス)、陰徳はゼロです。
「いいことをしてやったのに、“ありがとう”も言わない!」なんて怒ったら、結局は、かなり大きなマイナスです。

 この後、裏にあるマンガを渡しました。先週日曜日の読売新聞、日曜版のマンガです。とっても面白いです。小林は大ファンです。
(※作 けら えいこ 「あたしンち」 357  2001年6月24日付 讀賣新聞 日曜版)

発問3:

このお母さんをどう思いますか?

「いいことをしてるけど、これじゃあ、“陰徳”にならない。」
こんな反応が返ってきました。難しいかな、と思ってたんですが、「陰徳」という言葉をしっかりとつかんでいたようです。

 この後、1972年のミュンヘンオリンピック、100M平泳ぎで金メダル、200M平泳ぎで銅メダルの田口選手の話をしました。世界大会のファイナリストには、ほとんど力の差がないそうです。田口選手は、「運」を味方につけたいと思い、見つからないようにして合宿所の皿洗いを続けたそうです。落ちているゴミも、人に見つからないようにして拾ったんだそうです。誰からも「ありがとう」と言われないよい行いをたくさんして、「運」を貯金したかったんだそうです。
 そうして、金メダルをとりました。もちろんそればかりではない、厳しくつらい練習もあったはずですが。

発問4:

「陰徳をしてみたい人?」

最後に聞くと、全員が手を挙げました。

授業の感想です。
【T君】
 今日は、陰徳という言葉がわかってよかったです。ママはえらいことをしたんだけど、陰徳だったらもっといいかなあと思いました。こんどから僕も陰徳ができたらいいなと思いました。
 
【T君】
 今日、陰徳の勉強をして、ぼくは、そういう言葉を初めて知りました。ほめてもらえないと、ちょっといやだったけど、ぼくは、ちょっとうれしくなりました。
 ちょっと分かったんだけど、人の前でもできる陰徳があるんだなあと思いました。
 それと、田口選手はすごいと思いました。なぜなら、皿洗いとかをわざわざごまかしてしていたからです。ぼくも、よくを捨てて、陰徳をたくさんやりたいです。

作 けら えいこ 「あたしンち」 357  2001年6月24日付 讀賣新聞 日曜版

・・・必要な方は、連絡をください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

New TOSSランド