Share...
20 Feb 2014 02:47

日刊ゲンダイ ゲンダイネット
RSSリーダー
メルマガ登録

“画像疑惑”で英科学誌、早大が調査も…沈黙続く小保方さん

楽天SocialNewsに投稿!
2014年2月19日 掲載
理化学研究所のHPより
「小保方論文」の画像疑惑が拡大だ。新しい万能細胞「STAP細胞」を見つけたとする理研の小保方晴子ユニットリーダーの論文について、論文を掲載した英科学雑誌ネイチャーは18日、画像に不自然な点があることについて調査に乗り出した。

 理研はすでに外部の専門家から13日に指摘を受け、調査を開始。理研は「小保方さんにコメントを出させることは控えている」とし、ネイチャーの問い合わせにも、小保方さん本人は答えていないという。

■共同執筆者は「単純ミス」と説明も…

 ネイチャーによると、異なる実験でSTAP細胞などから作ったはずのマウスの胎盤の写真2枚が酷似していた。共同で論文を書いた山梨大の若山照彦教授は複数のメディアに2枚の写真が似ていることを認め、「単純ミス」で画像を取り違えたと説明。しかし、理研在籍時にはSTAP細胞の作製の再現に成功したが、山梨大移籍後は再現できていないという。

 これとは別に、小保方さんに学位を与えた早大も18日、調査を開始。博士論文に米ハーバード大留学時の01年に発表した自身の論文を引用したが、この引用元の論文に「画像の使い回しがあるのではないか」という疑問を外部から指摘された。
  • << 前へ
  • 1
  • 次へ >>

関連記事
最新のニュース記事
 

オススメ情報

恋愛

悩み

ビジネス

家電

健康

最新トピックス


アクセスランキング
  • 昨日
  • 一週間

注目のキーワードPR

厳選グラビア
グラビアグラビアグラビア
グラビアグラビアグラビア
グラビアグラビアグラビア

注目のキーワードPR

オンライン

注目のキーワードPR

ゲンダイ
日刊ゲンダイ電子版