Share...
15 Mar 2014 23:23

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第37講 96条改正は正当かつ必要 池田実先生+(1/3ページ)(2014.3.15 09:07

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第37講 96条改正は正当かつ必要 池田実先生

2014.3.15 09:07 (1/3ページ)
憲法は、国会と国民に改正の権限を授けています。その96条について考えてみましょう

憲法は、国会と国民に改正の権限を授けています。その96条について考えてみましょう

 第36講で、憲法改正の国民投票が国民の直接的政治参加の貴重な機会である旨を述べました。それが実現しない原因の一つに、厳しすぎる改正手続き(憲法96条)があることも、第3講に言及されています。

 ところが昨年、自民党の改憲案が憲法改正手続き要件の緩和を提案していることに対して批判の声が上がりました。ある憲法学者は、憲法改正手続きをサッカーのルールに、国会議員をサッカー選手になぞらえ、96条の改正は選手自身がルールを変更するようなもので許されないと論じています。しかし、そのような主張は正しいとはいえません。

国会と国民に改正権限

 第1講で、憲法には、国家権力を制限する「制限規範」としての側面と、国家機関に権限を授ける「授権規範」としての側面があり、前者の一面ばかりを強調する「立憲主義」理解は誤りであることを学びました。改正手続きを定めた条文もそうです。憲法は、96条の手続きを経ない改正を禁止する(=制限規範)と同時に、その手続きを経ることを条件に、国会と国民に改正の権限を授けている(=授権規範)のです。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital