Share...
25 Aug 2014 06:38

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第58講 首相の靖国参拝をめぐる裁判 百地章先生+(3/3ページ)(2014.8.9 09:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第58講 首相の靖国参拝をめぐる裁判 百地章先生

2014.8.9 09:00 (3/3ページ)
政教分離解釈の「目的効果基準」とはなんでしょう

政教分離解釈の「目的効果基準」とはなんでしょう

 にもかかわらず、この問題の判決を引き合いに出して、「首相の靖国参拝は違憲」との判決が期待できると主張しているわけです。本当でしょうか。

 最高裁判決が存在せず、しかも下級審でも違憲とされていない以上、第40講で述べたとおり、国の機関である首相が依(よ)るべきは「首相の靖国神社参拝は合憲」とする「政府見解」(昭和60年8月)と考えるのが自然です。これは旧社会党首班の村山富市内閣さえ踏襲し、現在の政府見解でもあるのですから。

                   ◇

【プロフィル】百地章

 ももち・あきら 京都大学大学院法学研究科修士課程修了。愛媛大学教授を経て現在、日本大学法学部教授。国士舘大学大学院客員教授。専門は憲法学。法学博士。比較憲法学会副理事長。産経新聞「国民の憲法」起草委員。著書に『憲法の常識 常識の憲法』『憲法と日本の再生』『外国人の参政権問題Q&A』など。67歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital