Share...
01 Apr 2014 11:11

STAP細胞:「不正は小保方氏単独で?」会見一問一答

毎日新聞 2014年04月01日 16時06分(最終更新 04月01日 17時41分)

 石井 小保方さんのデータは、第三者にとっては不十分だ。私たちにとって不十分でも、彼女にとってはもっと解釈できる部分があるのでしょう。「不十分だから捏造」というとちょっと。

 Q ノートはラフなメモ程度なのか。

 真貝 何月何日も正確に入っていないものが多い。

 Q 中間報告で論文作成は小保方氏と笹井氏の共同作業と。笹井氏が指導したという認識は。

 A 論文のライティングは笹井氏が指導した。実験については区分して考えてほしい。

 Q 捏造という表現は、実際の実験が行われたかを確認できなかったからか。

 A 画像の取り違えがあり、違う方法で作られた画像が使われていて、サイエンスコミュニティーでは誤解を生む。

 Q ノートに記載はあったが確証は持てないと。

 A それは科学的にきっちり検証すると思う。

 Q 博士論文からの意図的流用は本人は認めている?

 A 本人は、作成条件の違いを十分に認識しておらず、間違えて使ったと説明している。

 Q 本人が認めていないのに捏造というのは?

 A 条件が全く違う実験だ。Aの条件でやった画像を、Bの条件で得られた画像とするのは、単純な間違いとするのは理解できない。

 Q 調査委の6人はテラトーマやキメラマウスの現物を実際に見ている?

 真貝 テラトーマは見てない。テラトーマから作られた切片。

 Q 重要なサンプルは本人が持ってるはずだという話が出ていた。

 真貝 サンプルがどれだけ残っているか小保方氏に話は聞いた。正確に覚えてないが、テラトーマ自体は残っていないと聞いた。

 Q 理研内部のDNA解析とか、STAPでなく別のものをつかったものなのかどうかという調査はしたのか?

 A 調査委員会のミッションではない。

 Q つまり、画像とノートの調査しかしていないと?

 A 適宜、画像データと実験ノートを適切に調査したと自負している。

 Q 委員会はこれで解散するのか?

 A 最終報告書をまとめたので、不服申し立てを受けるがそれが終わればミッションは終わる。

 Q 調査結果を急いだり急がされたことはあるか?

 A まったくありません。

 Q 学位論文の画像の件。本来のせるべき画像は、論文提出時には存在しなかったということ? あったけど違う画像を出したのか、そもそも投稿時になかったのか。

最新写真特集