Share...
15 Apr 2014 14:40

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第41講 道州制の導入をめぐって 百地章先生+(1/3ページ)(2014.4.12 11:30

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第41講 道州制の導入をめぐって 百地章先生

2014.4.12 11:30 (1/3ページ)
「国の役割」と「地方の役割」を再確認し、考えましょう

「国の役割」と「地方の役割」を再確認し、考えましょう

 道州制は、現在の都道府県に代えて10前後の「道」や「州」といった広域自治体を設けようとするものです。このような構想は過去に何度も提唱されたことがありました。最近では日本維新の会が積極的ですが、反対もあり、そう簡単ではなさそうです。

 ◆憲法改正は必要か

 はじめに、道州制の採用のためには憲法改正が必要かどうか、考えてみましょう。

 諸外国では、憲法に地方自治体の種類を明記している例があります。例えば、スペイン憲法には「市町村、県、自治州」とあります。

 この点、日本国憲法には「地方公共団体」(92~95条)とあるだけです。憲法制定当時、都道府県制度の改革が必要とされており、具体的な種類を憲法に書き込んだ場合、改革のためには憲法改正が必要で大変と考えたからでした。

 それでは、憲法のいう地方自治体とは何でしょうか。

 通説は、地方自治の本旨を達成するため不可欠な「基礎的自治体」を指すといっています。市町村が基礎的自治体に当たることに異論はありませんが、問題は都道府県です。この都道府県に代えて道州制を採用することは可能でしょうか。

このニュースの写真

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital