新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を見つけたという理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの論文について、一部の画像が不自然との指摘が出ている。共同で論文を書いた山梨大の若山照彦教授が18日、朝日新聞の取材に応じ、「単純ミス」で画像を取り違えたと説明した。理研は、研究成果自体に間違いはない…