Share...
25 Aug 2014 06:37

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第58講 首相の靖国参拝をめぐる裁判 百地章先生+(1/3ページ)(2014.8.9 09:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第58講 首相の靖国参拝をめぐる裁判 百地章先生

2014.8.9 09:00 (1/3ページ)
政教分離解釈の「目的効果基準」とはなんでしょう

政教分離解釈の「目的効果基準」とはなんでしょう

 安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐり、大阪と東京でまた裁判が持ち上がりました。小泉純一郎首相の参拝の時は全国6カ所で8件もの訴訟が提起されましたが、全て原告側の完全敗訴に終わっています。ですから勝ち目はないはずですが、あえて裁判を起こした狙いは恐らく「参拝は違憲」などといった「傍論」を期待してのことでしょう。

 ◆判決とはいえぬ「傍論」

 「傍論」とは、判決の「主文」(結論)と直接関係のない裁判所の意見のことです。小泉首相の裁判でいえば、福岡地裁と大阪高裁が、原告らの損害賠償請求を退けながら、「首相の靖国神社参拝は憲法違反」などと、結論と直接関係ない意見を述べました。これが「傍論」です。浦部法穂神戸大名誉教授の言葉を借りれば「裁判官のひとりごと」にすぎず、「判決(判例)」とは言えません。

 ところが、弁護士でありながらこのことをご存じないのか、それとも「中高生を誤導」するためなのか、「高裁レベルでは内閣総理大臣の靖国参拝を違憲と述べた判決は複数存在する」と強弁する人がいます。靖国訴訟や君が代訴訟などで原告側の代理人を務めてきた弁護士です。しかし、彼が挙げているのはすべて「傍論」です。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital