理化学研究所などが作製に成功した新型の万能細胞「STAP(スタップ)細胞」。再生医療などさまざまな分野への応用が期待されるだけに、iPS細胞のように世界中で研究開発競争が激化するのは確実だ。研究機関は特許戦略も問われることになる。

 「何をしているかは言えない」。理研発生・再生科学総合研究センタ…