Share...
03 Feb 2014 19:00

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第21講 西修先生+(2/4ページ)(2013.11.23 11:31

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第21講 西修先生

2013.11.23 11:31 (2/4ページ)
帝国議会の審議の経過も知っておく必要があります

帝国議会の審議の経過も知っておく必要があります

 ●「空文を弄ぶ」と批判

 憲法9条の問題点を実に鋭くついているではありませんか。9条は「空文を弄(もてあそ)ぶものであって、民族独立のために反対しなければならない」と強い調子で批判しています。このとき、共産党は、独自の『日本人民共和国憲法(草案)』を作成していました。その5条には、次のような規定がありました。

 「日本人民共和国はすべての平和愛好諸国と緊密に協力し、民主主義的国際平和機構に参加し、どんな侵略戦争をも支持せず、またこれに参加しない」

 ここに共産党が、自衛戦争を容認していたことは明らかです。6月28日、同党の野坂参三議員が、衆議院で以下のような発言をしています。「侵略された国が自国を護るための戦争は、われわれは、正しい戦争といってさしつかえないと思う。憲法草案に戦争一般抛棄という形でなしに、われわれはこれを侵略戦争の抛棄、こうするのがもっと的確ではないか」

このニュースの写真

日本国憲法の問題点がひとめでわかる『国民の憲法』(産経新聞出版、税込み1260円)が好評発売中

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital