Share...
19 Jan 2014 17:40

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第2講 「国家=悪」と決めつけぬために 百地章先生+(1/2ページ)(2013.7.13 13:28

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第2講 「国家=悪」と決めつけぬために 百地章先生

2013.7.13 13:28 (1/2ページ)中高生のための国民の憲法講座
心の奥に宿る美しく愛( いと )おしい国。これは私たちと切っても切り離せないものだ (イラスト 今泉有美子)

心の奥に宿る美しく愛( いと )おしい国。これは私たちと切っても切り離せないものだ (イラスト 今泉有美子)

前のニュース

 先週の講座で「憲法とは国家権力を縛るものだ」といった主張が必ずしも正しくなく、むしろ一方的に国家=悪、国民=善だと決めつけていないか、と述べました。今回は憲法を考えるうえで避けて通れない「国家」について考えます。

 ◆国家に2つの意味

 結論を先に言います。「国家」には2つの意味があります。つまり本来の「国家」と「政府」です。その両者をきちんと区別して考えないといけません。

 例えば「国を愛する」「国を守る」という場合の「国」「国家」について考えてみましょう。ここでの「国家」とは、父祖伝来の祖国、先人たちが歴史的に歩んで来た「国民共同体」を指します。歴史の中で団結したり争う時代はあっても、固有の伝統や文化のなかで国民がともに生きてきた運命共同体、これが本当の意味の「国家」です。

 これに対して「国を相手に裁判を行う」「国家からの自由」といった場合にも「国」や「国家」という言葉が用いられます。しかしこれはあくまで統治機構としての国家のことで、「政府」を意味します。

 それに、権力を悪と決めつけるのも誤りです。なぜなら、権力なくして国家の独立と平和は維持できないからです。要は使い方で、犯罪を防止したり国民の幸福を実現するために行使されるのも権力です。逆に権力の乱用が政治の腐敗や国民の不信を招くことだってあるでしょう。

 大切なことは国家には2つの意味がある、それをしっかりと認識する必要があるということです。「国を愛する」といっても、決して「時の政府を愛せよ」ということではありません。また、「国家」によって保護され、人権が保障されているからこそ、国民は自由に「政府」を批判できるのではありませんか。

中高生のための国民の憲法講座のニュース

中高生のための国民の憲法講座の写真

【中高生のための国民の憲法講座】第10講 現行憲法作成者それぞれの言い分 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第9講 極東委員会という「屋上屋」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第8講 現憲法は「メードインUSA」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第7講 日本国憲法に規定なき「条項」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第6講 「世界唯一の平和憲法」は誤り 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第5講 憲法めぐる「神話」の数々 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第4講 国民は憲法守らなくても良い? 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第3講 主権者に憲法を取り戻そう 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第2講 「国家=悪」と決めつけぬために 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第1講 百地章先生 「国家権力を縛る」だけのものか
  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital