Share...
25 Feb 2014 02:33

注目のビジュアル

おいしそう!(「ぷに子」代表・佐山彩香ちゃん)

カードを動かすと表情が変わるポストカード

長野朝日放送の楠原由祐子アナ

森内俊之竜王・名人(43歳)

綾小路翔、前山田健一らが激賞する町あかり

舛添都知事をお出迎えしたプラカード

法科学鑑定研究所内の鑑定ラボの様子

つば九郎が宮本慎也氏引退について語る

九州朝日放送の元女子アナが決意のグラビア

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ビジネス

小保方晴子さんの「STAP細胞論文捏造疑惑」 アンチ勢力の陰

2014.02.25 11:00

「ノーベル賞級の大発見」と賞賛された小保方晴子さんの「STAP細胞論文」が急転直下、非難に晒されている。論文を掲載した英科学誌『ネイチャー』が17日、“捏造疑惑”について調査中であることを表明したことから、鬼の首を取ったような小保方バッシングが巻き起こっている。だが、冷静に論文を精査すれば、ごく些細な問題でしかないことがわかる。批判の大合唱の背後には何があるのか。全国紙科学部記者がいう。

「論文に対する異議はよくあること。より良い研究に発展させるために外部の人間が意見をするのは科学研究の常です。だから小保方さんの杜撰な画像管理は、批判されて然るべきです。

 しかし、そうした批判は実名だからこそ意味がある。ネット上で匿名の自称科学者が跋扈し、鬼の首を取ったかのように彼女を責めているが、彼らはロクに論文も読まずに批判を拡散している。この流れを、不見識なメディアも後押ししてしまっている」

 もっとも、これだけの騒動に発展した背景には、一定の“アンチ小保方勢力”の存在が見え隠れする。再生医療の分野には、出身学部を異にするグループが存在する。大きく分けると「医学部出身の研究者」と「それ以外(理学部、農学部、工学部出身など)」だ。ある医療関係者の話。

「医学部出身者の中には、遺伝子や細胞の分野とはいえ、人体を扱う医療分野で医学部出身者以外が実績を上げることを面白くないと感じている人は少なくない」

 ちなみに小保方さんは早稲田大理工学部出身で、共同研究者の山梨大学教授、若山照彦氏は茨城大農学部出身だ。

 しかもこのところ、医学部出身のグループは肩身の狭い思いをしている。昨年から医薬業界を揺るがせている、いわゆる「ノバルティス問題」である。

次のページへ

人気ランキング

1.
韓国が教科書に載せないベトナム戦争時の虐殺と売春ビジネス
2.
長澤まさみ 胸をわしづかみされ、水口移しのエロエロキスも
3.
高橋大輔 仲間に見守られながら浅田真央をぎゅっとハグ
4.
菊池桃子 障がいの後遺症持つ長女の受験奮闘記を報告する
5.
金メダリスト羽生に便乗しSNS炎上 ポストキム・ヨナの悪評
6.
長澤まさみがジョン・ウー監督の最新作で脱いだとの驚愕情報
7.
英の韓国人留学生 太陽昇る寿司店ロゴに文句つけ韓国で喝采
8.
ソチの松岡修造 カメラが止まると目が完全に死んでいる説
9.
安藤美姫 アツい松岡らアク強すぎ周囲に苦戦の解説デビュー
10.
朝日新聞「売れるから嫌中憎韓」記事に『Voice』編集長疑問

今日のオススメ

提供元一覧

エストロゲン

おっぱいバイブル

やむを得ず早起き

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。