Share...
27 Jul 2014 17:01

韓国の老人療養施設からスーパーバクテリア、世界で初検出

韓国の老人療養施設からスーパーバクテリア、世界で初検出

2014年07月09日09時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
  韓国内の療養施設と療養病院で集団生活をしてきた高齢者患者から、従来の治療剤(抗生剤)に反応しない強力な肺炎球菌が発見された。抗生剤の誤用・乱用のために生まれたスーパーバクテリアの一種だ。

  サムスンソウル病院のカン・チョルイン教授(感染内科)が2011~2012年に病院を訪れた肺炎患者510人を調査したところ、5人から「広範囲の抗生剤耐性肺炎球菌」が発見された。カン教授は8日「これらの患者は肺炎球菌の治療に使われる8種の抗生剤のうちテトラサイクリンなど6種に全く反応せず、バンコマイシンなど2種類の薬には微弱反応した」と明らかにした。カン教授チームはこうした内容を米疾病対策センター(CDC)学術誌5月号に発表した。

  ソウル大学病院のオ・ミョンドン教授(感染内科)は「肺炎球菌が抗生剤に耐性を見せるケースはよくあるが、今回のようにほとんどすべての抗生剤に耐性を見せた菌が報告されたケースは、他国でもなかった」と話した。患者は平均年齢71.8歳の高齢者で、神経系疾患や運動障害を患っていた。老人療養施設(3人)や療養病院(2人)で長期間の抗生剤治療を受けた。ある患者は入院7日後に敗血症(血液に菌が浸透して炎症ができる病気)で亡くなるほど病状進行が早かった。残りの患者4人の死亡の有無についての追跡調査は行われなかった。

  ソウル大学のオ教授は「強い耐性菌が発見されたのも問題だが、療養施設と療養病院でこうしたものが発見されたのは初めて」としながら「療養施設や療養病院で肺炎にかかりやすい高齢者らが集団生活するため菌がうつりやすい」と話した。オ教授は「こうした状況で感染内科の専門医がおらず、耐性を育てるのに十分なほど抗生剤を多く使っているようだ」と話した。

  保健福祉部の権埈郁(クォン・ジュンウク)公共保険政策官は「大きな病院の集中治療室に耐性菌が多いが、ここにいた患者が療養病院に転院して菌を一緒に持っていく」として「療養病院の人員を拡充して気道挿管(気道に管を入れて呼吸を助ける行為)の患者ら重症患者を別室に入院させて耐性菌の拡散を防がなければならない」と話した。

  サムスン病院のカン教授は「病院は抗生剤を慎重に使い、成人は肺炎球菌の予防接種を積極的に受けるべきだ」と話した。肺炎球菌の予防接種は5月に乳幼児を対象に施行され、来月から65歳以上の高齢者は無料で受けられる。

  ◆スーパーバクテリア=さまざまな抗生剤を使っても効果がない病原菌を指す通称用語。抗生剤の誤用・乱用で菌が抗生剤に抵抗力を持つようになる。人体に浸透すると敗血症になり命を落とす恐れがある。バンコマイシンに耐性を見せる黄色ブドウ球菌が最も強力なスーパーバクテリアだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事