Share...
19 Jan 2014 17:45

政治【中高生のための国民の憲法講座】第4講 国民は憲法守らなくても良い? 百地章先生+(2/3ページ)(2013.7.27 08:43

  • [PR]

政治

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第4講 国民は憲法守らなくても良い? 百地章先生

2013.7.27 08:43 (2/3ページ)中高生のための国民の憲法講座
日本国憲法の問題点がひとめでわかる『国民の憲法』(産経新聞出版、税込み1260円)が好評発売中

日本国憲法の問題点がひとめでわかる『国民の憲法』(産経新聞出版、税込み1260円)が好評発売中

 《天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ》

 これを根拠に「ほら。国民には憲法を尊重し擁護しなさいなどと一言も言っていない」というわけです。法律のプロである弁護士にこのようにいわれると、信じてしまう人もいるかもしれません。でもこれは誤りです。なぜでしょう。

 

当然のことは書かない

 答えは意外に簡単です。憲法を国民が順守するのは当たり前だから書いていないだけです。護憲派のバイブルとされている「宮沢憲法学」の教科書にもちゃんとこう書いてあります。

 「本条(99条)は、国民は憲法を尊重し、擁護する義務を負わないという趣旨を含むものではなく、国民のそうした義務は、当然のこととして前提されていると見るべきである」

 憲法は国民が制定したものです(前文)。だから自ら制定した憲法を国民自身が守るのは当然です。

 確かに、憲法には「権力を縛るもの」という側面があります。その意味では、憲法は主権者国民が政治家や官僚に対して守らせることを書いた文書といえます。しかし憲法は国民も縛りますから、国民にも憲法を守る義務があるわけです。

中高生のための国民の憲法講座のニュース

中高生のための国民の憲法講座の写真

【中高生のための国民の憲法講座】第10講 現行憲法作成者それぞれの言い分 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第9講 極東委員会という「屋上屋」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第8講 現憲法は「メードインUSA」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第7講 日本国憲法に規定なき「条項」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第6講 「世界唯一の平和憲法」は誤り 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第5講 憲法めぐる「神話」の数々 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第4講 国民は憲法守らなくても良い? 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第3講 主権者に憲法を取り戻そう 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第2講 「国家=悪」と決めつけぬために 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第1講 百地章先生 「国家権力を縛る」だけのものか
  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital