Share...
23 Mar 2014 10:42
携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20140319_246918.html

注目のビジュアル

溥儀が愛した温泉に浸かる山崎まゆみ氏

3Dプリンターを獣医療に活用(井尻篤木氏)

ミスフーターズジャパンで優勝したMOIRAさん

謎の美女・祥子

かかと落としなら「頭突きの倍の30枚は割れるかな」

アダルト業界の大規模展示会に潜入

かわいすぎ! サーモンヘアのおにぎり

日本唯一の体験型合戦資料館「関ヶ原ウォーランド」

九州朝日放送の元女子アナが大胆ビキニ

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


自宅引きこもり状態の小保方氏 研究仲間が食料運んで手助け

2014.03.19 16:00

 世界的な科学誌『ネイチャー』に掲載されたSTAP細胞の論文に不自然な点が見つかってから、一切メディアに姿を見せていない理化学研究所(理研)小保方晴子氏(30才)。

 論文撤回を最初に申し立てた、共著者で山梨大学教授の若山照彦氏は、『週刊文春』で、2月上旬に彼女から「ご迷惑をおかけします」と泣きながら電話があったことを明かしていたが、本誌の取材に対しては、「その後は一切連絡を取っていないので、いま彼女がどういう状況なのか、ぼくにもわからないんです…」と語った。

 3月14日に開かれた理研の会見でも、彼女の近況について質問が相次いだが、「(理研のある)神戸にいるはずだが、研究所には来ていない。相当、心身を消耗した状態だ」とだけ発表され、詳細は明かされなかった。

 小保方氏の自宅マンションは職場である理研から電車で20分ほどの場所にある神戸市・三宮駅近くにある。彼女はここで、一歩も外へ出ず、引きこもりの生活を続けていた。

「精神的に外に出られる状態じゃないんでしょう。この一週間、研究者仲間が入れ替わり来て、食料や日用品を運んでいます。そうやって、みんなで彼女の生活を手助けしているみたいですね」(同マンションの住民)

 ある理研関係者も、こう打ち明ける。

「いまは小保方さんを絶対にひとりにはしないよう、24時間態勢で誰かがそばにいるんです。憔悴しきった彼女に万が一のことがあったら…って、上層部が心配していて。監視の意味合いもあるんです」

※女性セブン2014年4月3日号


人気ランキング

1.
浅田真央&高橋大輔 4月の世界選手権前に真剣交際開始
2.
森永卓郎氏 まだ間に合う「増税前に買い貯めすべき物」紹介
3.
柏通り魔事件竹井容疑者 少年院時代の呼び名は「レッドマン」
4.
市場規模の小さい外食カレー 値段1000円が珍しくない理由
5.
「韓国を普通の先進国だと思うと痛い目に」の認識を各国共有
6.
高橋大輔 仲間に見守られながら浅田真央をぎゅっとハグ
7.
浅田真央 連盟による練習場問題や「真央は辞めない」に疑念
8.
研究者が「小保方さんの立場も理解できる」と話す4つの理由
9.
タモリの凄さ 小沢健二が『いいとも!』出演時の一言にあり
10.
近隣トラブル多数の柏通り魔 近所住民「とにかくヤバい人」

今日のオススメ

提供元一覧

犬の名医さん100人データブック

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話

太平洋戦争 最後の証言 第3巻

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。