Share...
07 Dec 2014 11:22

産経ニュース

【中高生のための国民の憲法講座】第73講  PKOと日本国憲法の関係は 浜谷英博先生

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【中高生のための国民の憲法講座】
第73講  PKOと日本国憲法の関係は 浜谷英博先生

PKOと憲法の関係をテーマに考えてみましょう

 その意味で、1992(平成4)年のPKO協力法の制定は画期的でした。その後、カンボジア、モザンビーク、東ティモールなどに加え、国際緊急援助隊としての海外派遣も多くなるにつれ、自衛隊の錬度の高さや規律正しさ、確実な仕事ぶりに対しては国際的にも高い評価を得ています。

◆国連標準へなお課題

 ところでPKOには、各国の軍事組織が参加するのが通例です。同組織の特徴である自己完結性が活動に最適であることに加え、停戦下とはいえ過酷な条件下での活動に変わりはなく、また軍事知識が不可欠な要素だからでもあります。PKO協力法も武器使用基準や活動内容などの改正を重ねたものの、いまだ国連標準には達していません。安保法制懇の報告書にある駆けつけ警護などは、参加国相互の信頼醸成や安全確保、業務の遂行にとって不可欠であり、さらなる改正が望ましい点です。

 憲法制定過程の特異性もあって、日本国憲法には自国の防衛や国連協力などに関する規定が一切ありません。この点は、国際協調主義の理念はあっても国際貢献の具体的施策、つまりPKOへの参加をも躊躇(ちゅうちょ)した要因の一つです。現在では国民のほとんどが理解するPKOの意義も、PKO協力法制定時は国論を二分したといわれるほど理解が進んでいませんでした。

関連ニュース

【中高生のための国民の憲法講座】第72講 条約に違憲の疑いが生じたとき 浜谷英博先生

「ライフ」のランキング